「マラソン・駅伝」の素朴な大疑問
発売日
2007年12月03日
在 庫
品切れ重版未定
判 型
文庫判
ISBN
978-4-569-66945-8

「マラソン・駅伝」の素朴な大疑問
ペースメーカーが1位でゴールしたらどうなるの?

著者 金哲彦著 《NPO法人ニッポンランナーズ理事長、プロコーチ》
主な著作 『3時間台で完走するマラソン』(光文社新書)
税込価格 617円(本体価格571円)
内容 「アフリカ系選手は、なぜ速いの?」「駅伝はなぜ、タスキをリレーするの?」など、考え出すと妙に気になるその驚きの裏側を徹底解説!

マラソンと駅伝――。「テレビでやっているとつい見てしまう」、そんな人が多いのではないでしょうか? それほど日本人は、マラソン・駅伝が大好きです。

 本書では、選手・レース・駅伝・チーム・歴史にスポットを当て、テレビ中継だけでは、決してわからないマラソンと駅伝の素朴な疑問に答えます。

 「選手は、いったい何を考えながら走っているのか?」「なぜ、アフリカ系の選手は速いのか?」「どうやって、42.195kmを正確に測っているのか?」「給水ボトルの中身には、何が入っているのか?」「駅伝ではなぜ、タスキをリレーするのか?」など、“レース観戦が今までの10倍楽しくなる”、驚きのネタを大公開!

 著者の金氏は、有森裕子選手のコーチを経て、今や日本で行われる半数以上のレース解説(テレビ・ラジオ)を務める、マラソン・駅伝界のプロフェッショナル。考え出すと気になって眠れない謎が、いま本書で明らかに!

 文庫書き下ろし。