子どもの体が危ない
発売日
2007年05月23日
在 庫
品切れ重版未定
判 型
四六判並製
ISBN
978-4-569-69167-1

子どもの体が危ない
知らずに食べている危険な食品

著者 幕内秀夫著 《管理栄養士》
主な著作 『粗食のすすめ』(新潮社)
税込価格 1,028円(本体価格952円)
内容 大人だけでなく、子どもにも広がるメタボリックシンドローム。肥満、糖尿病への警告とともにご飯食を中心にした食生活の改善を提案する。

「2000年以降に生まれた子どもの40%が糖尿病になる恐れがある」とは、WHO(世界保健機関)の警告である。大人のメタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)がマスコミを賑わす一方で、子どもの肥満も同時に進行しているのだ。何が問題なのか。原因の根本に食生活があることは間違いない。

 「隠れ肥満はカタカナ主食が犯人」「バランス栄養のウソ」「子どもは好き嫌いがあって当たり前」といった歯に衣着せぬ主張に、読者は驚かされるにちがいない。

 本書は、ベストセラー『粗食のすすめ』の著者が、子どもの未来に対して、警鐘を鳴らし、現状・背景を分析し、対策と提案を行なう。

 昔と飽食の今日を比べれば、盆と正月にしか食べなかったような食事を毎日摂っているような現状だという。また、欧米人と日本人の体の違い、パン食とごはん食の違いなど、比較して解説する。子を持つ親だけでなく、大人が読んでも体のためになる本だ。