建築家は住宅で何を考えているのか
発売日
2008年09月12日
在 庫
品切れ重版未定
判 型
新書判
ISBN
978-4-569-70197-4

カラー版
建築家は住宅で何を考えているのか

著者 東京大学建築デザイン研究室編 《建築家、東京大学大学院教授》
難波和彦著
主な著作 <難波・主な著作>『箱の家』(NTT出版)
税込価格 1,512円(本体価格1,400円)
内容 建築家は住宅で何を表現したいのか? エコハウス、本箱の家、紙管の家など、40人の気鋭の現代建築家たちの家づくりを紹介するカラー新書。

「理念」なき住宅に明日はない。――安藤忠雄(序文より)

 PLASTIC HOUSE[隈研吾]、ニラハウス[藤森照信+大嶋信道]、上原の家[みかんぐみ]、森山邸[西沢立衛]、梅林の家[妹島和世]、住居NO.22[内藤廣]、住吉の長屋[安藤忠雄]、ヒルサイドテラス[槇文彦]……。施主の要求はもとより、敷地や予算など多くの条件の下で、建築家たちが表現しようとするものとは。一般の人々にとって「建築」というものへの関心や理解が深まり、家族のあり方が多様化した現代で、住宅とはどのように生まれ、どのような役割を果たしているのか。

 「家族像とプランニング」「ライフスタイル」「集住/かたち」「街/風景」「工業化と商品化」「リノベーションの可能性」「エコロジカルな住宅」「素材/構法」「ちいさな家」「住みつづける家」――これからの住宅にとって鍵となる10のテーマに沿って、豊富なカラー写真と図面とともに、41の作品を紹介。「家」にこめられた建築家の意思を探る。