王道の日本、覇道の中国、火道の米国
発売日
2009年08月05日
在 庫
品切れ重版未定
判 型
四六判上製
ISBN
978-4-569-70319-0

王道の日本、覇道の中国、火道の米国

著者 青山繁晴著 《独立総合研究所社長、作家》
主な著作 日中の興亡』(PHP研究所)
税込価格 1,620円(本体価格1,500円)
内容 権力により自由を踏み潰し、国家や政権党、独裁者の意思を実現しようとする中国。その中国を抑止できず混乱へ向かう米国。両国に巻き込まれないため、日本は何をすべきか。

2009年夏のウイグル反乱は、共産党の独裁強化と領土支配を狙う中国に対する決定的なカウンターパンチだった。世界は大きく動きつつある。日本国民はいまこそ、「領土と領海」を強く意識し、勇気ある一歩を踏み出す時である。すなわち樺太の南半分や千島列島、尖閣諸島、竹島、択捉島、国後島、色丹島、歯舞諸島という「日本固有の領土」を原状回復し、独立国としての条件を整えることが、覇権国から日本を守る唯一の道である。覇権への意志がすべての中国、己を火で焼き尽くすかのように問題を噴出させ、危機の道を歩みつづける米国に対し、日本は堂々と「王道」を歩むべきだ、と著者は記す。そう、何も恐れることはない。なりふり構わず我欲を追い求める米中を尻目に、ただ正しい道を歩むことにより、わが国に平和と繁栄、幸福がもたらされるだろう。「ゲンバ=現場」に直接向かい、真正面から上記の問題に取り組む著者の姿が、われらの道を照らしてくれる。