夫の終(しま)い方、妻の終(しま)い方
発売日
2017年08月01日
概ね、この2日後に書店店頭に並びます
在 庫
在庫あり
判 型
文庫判
ISBN
978-4-569-76743-7

夫の終(しま)い方、妻の終(しま)い方

著者 中村メイコ著 《作家、女優》
主な著作 『人生の終いじたく』(青春出版社)
税込価格 778円(本体価格720円)
内容 とうとう訪れた夫婦だけの生活は、予想以上に気まずくて……。それぞれが妻と夫という肩書きを捨てて生きるための「老いの段取り術」。

夫婦二人きりの老後がなぜか気まずい――。それは「夫」と「妻」、それぞれの役割が窮屈になっているのでは? 子育て中や現役時代は「妻」や「夫」の役割を懸命に演じてきたでしょう。しかし、シニアになったなら、それぞれの役割を卒業して、相手に対していろいろ期待しすぎなければ、ずっとラクになりますよ。

 「イニシアチブを取っている気にさせる」「相手の嫌なところは見ないで諦める」「平和の基本はやたらと顔を合わさない」など、ギクシャクしていたお二人様の老後を、楽しい老後に変えることができたメイコさんが、自らの経験から得たヒントを教えます。
●気まずかった、お二人様の老後 
●一日一回、夫に質問する 
●「お醤油ジャブジャブ」にも目をつぶる 
●ほめて、おだてれば夫も木に登る 
●モノにも過去にも執着しない 
●老いては子に従わず?

 「お二人様の老後」を生き抜く知恵と悪知恵、満載です。