じつは「おもてなし」がなっていない日本のホテル
発売日
2014年02月14日
在 庫
品切れ重版未定
判 型
新書判並製
ISBN
978-4-569-81823-8

じつは「おもてなし」がなっていない日本のホテル

著者 桐山秀樹著 《ノンフィクション作家》
主な著作 『ホテル戦争』(角川oneテーマ21)
税込価格 821円(本体価格760円)
内容 6年後の東京五輪に向け、外資系ホテルが続々と上陸! サービス業の“基本のキ”を忘れた日本のホテルに、果たして勝機はあるか?

2020年に開催が決まった「東京オリンピック」。6年後に世界中からの巨大な需要が見込まれる観光業だが、実質的な競争のスタートとなるのは、2014年から始まる“第3次”ホテル戦争だ。

 遡れば、バブル時代を挟んでの外資系ホテルの上陸が“第1次”ホテル戦争であり、リーマン・ショックを挟んでのアジア系ホテルの上陸が、“第2次”ホテル戦争であった。

 だが、“第3次”ホテル戦争の幕開け直前に発覚したのが、世間を賑わせた食材偽装問題……。かくも「劣化」しきった日本のホテルが、失われた信用と信頼を取り戻し、外資系ホテルの再攻勢を迎え撃つことはできるのか?

 30年以上、ホテルを心底愛し利用してきた筆者だからこそ描ける、地に堕ちたホテル運営の現実と、6年後を見据えた“再生への道”。ホテル業界の最新動向から「観光立国ニッポンの未来」をも探る、憂国のルポルタージュ。