泡沫少女とイデアの少年
発売日
2016年08月24日
在 庫
在庫あり
判 型
四六判並製
ISBN
978-4-569-82777-3

泡沫少女とイデアの少年

著者 yukkedoluce(大歳祐介)原作・執筆
なじょイラスト
税込価格 1,296円(本体価格1,200円)
内容 優しく切ないボカロ楽曲「林檎売りの泡沫少女」の世界観が「二つの視点」で描かれる! 死の呪いがかけられた少女の結末は――?

人気ボカロ楽曲制作者、yukkedoluce初の小説作品がついに登場。「泡沫少女」の13章、「イデアの少年」の13章、全26章で紡がれる少年少女の物語。

 【あらすじ】――永遠の世界でただ一人、死の呪いがかけられた少女・イル。ある日、イルは立ち入ることを禁じられた永遠の街へと足を踏み入れ、時計塔守の少年・マドと出会う。動き出したふたりの運命の歯車は、誰にも止められない。

 ――世界がまだ有限だった頃、そこは炎に染まる真っ赤な世界だった。戦争によって、記憶を失った少年・エデクは、悲しみのない世界を求め、双子の弟・ウェルドとともに奔走する。あらゆる悲しみを乗り越えた先に待つ結末とは?

 永遠の世界の物語“泡沫少女”と、有限の世界の物語“イデアの少年”物語はいま、ひとつに。

 ■初版限定 豪華箔押しカバー仕様