ジャズとエロス
発売日
2016年02月15日
在 庫
在庫あり
判 型
新書判並製
ISBN
978-4-569-82799-5

ジャズとエロス
ヴァイオリニストの音楽レシピ

著者 牧山純子著 《ジャズヴァイオリニスト》
税込価格 907円(本体価格840円)
内容 美しきジャズヴァイオリニストが語る“夜によく似合う官能的な(決して下品ではない)大人のジャズ”ガイド。松尾貴史氏との対談も収録。

美しきジャズヴァイオリニスト、牧山純子の新境地。「官能的なエロス、芸術的なエロス、生命力溢れるエロス……そう考えると、ジャズのなかにはいろいろなエロスがあることを、改めて知ることができました。この思いを、音楽ではなく、活字で表現する……私の新たなる挑戦です」と語る著者。そこで、弓を筆に持ち替え、「ジャズとエロス」をテーマに、スタンダードからオリジナルまで、ジャズの魅力を文字で奏でる。クラシック出身という自らの音楽歴を振り返りつつ、改めて音楽の本質に迫り、ジャズの旋律からエロスの神秘&謎まで紐解く。また、俳優やコメンテーターとしてマルチに活躍する松尾貴史氏との対談では、「日常とエロス」について、男目線&女目線で意見を交わす。さらに、本書に登場する楽曲の一部は、ストリーミング試聴することも可能。読んで納得、聴いてさらに理解を深められる“至極のジャズ論”の誕生だ。世界的指揮者・小澤征爾氏推薦!!