日本人として知っておきたい「世界激変」の行方
発売日
2016年12月15日
在 庫
在庫あり
判 型
新書判並製
ISBN
978-4-569-83224-1

日本人として知っておきたい「世界激変」の行方

著者 中西輝政著 《京都大学名誉教授》
主な著作 日本人としてこれだけは知っておきたいこと』(PHP研究所)
税込価格 864円(本体価格800円)
内容 トランプショック、中露台頭、波乱のEU……。世界はどこに向うのか? 日本の真の危機とは? 世界の「激動の核心」を読み解く渾身の論考。

「トランプ、プーチン、習近平」の三人が勢揃いした世界が、日本にとってもはや安泰な世界であろうはずはない。トランプ大統領の誕生と「孤立主義化」するアメリカ。覇権主義的動きを強めるロシアのプーチンと中国の習近平。激震し、分裂に向けて動くかのごときEU。「地獄のオセロゲーム」と化すアジア……。

 いま、誰の眼にもわかる形で、世界は激しく音を立てて崩れ、明らかにこれまでの秩序は後戻りすることのない大変動を始めた。これから世界で何が起きるのか。そして、そのなかで日本はどうすべきなのか。大きな流れを見通すならば、すべての構図は「グローバリズムの終焉」とそれに伴う「アンチ・グローバリズム」「オールド・グローバリズム」「ネオ・グローバリズム」という三勢力の相克から読み解ける。

 いま直面する「危機」を考えるとき、もはや日本は「普遍的価値」も捨てるときは捨て、自らの生存を最優先に考えねばならぬ――日本人の覚悟を問う、刮目の書。
●第一章 トランプのアメリカで世界に何が起きるか 
●第二章 日露“北方領土”交渉と売国の危機 
●第三章 介入か孤立か――パックス・アメリカーナの行方 
●第四章 「グローバリズムの限界」に直面し流動化する世界 
●第五章 「地獄のオセロゲーム」化するアジア 
●第六章 これから十年、日本はどうすべきか