老いたら、笑顔
発売日
2017年07月14日
概ね、この2日後に書店店頭に並びます
在 庫
在庫あり
判 型
B6判変型並製
ISBN
978-4-569-83669-0

老いたら、笑顔

著者 斎藤茂太著 《精神科医、医学博士》
主な著作 『老いへの「ケジメ」』(新講社)
税込価格 1,296円(本体価格1,200円)
内容 「笑顔」でいれば、たいがいうまくいく――モタさん流・歳をとってからの笑顔の増やし方、上機嫌を味方につけて幸せに生きるひけつ。

「人生は、“笑顔”でたいがいうまくいく」――モタさんは常々そう話していました。

 年齢を重ねると、体が思うように動かなくなった、病気をした、夫婦関係がうまくいかなくなった、そこに更年期も加わって、誰でもちょっとしたことに落ち込んだりイライラしたりすることが増えるもの。

 そんなときこそ、「老いたら、笑顔」とつぶやいてニコニコしてみてください。

 モタさん流の幸せのひけつ、「笑顔」の増やし方がたっぷり詰まった一冊。
●先手を打ってニコニコする 
●満面の笑みでなく、八割笑顔がいい 
●出かけるときは、お芝居をする 
●自分を笑い飛ばせれば上等 
●夫婦は八割、いや六割でいい 
●「まあ、こんなところか」主義 
●夫婦ゲンカは梅雨より豪雨がよい 
●嫁と姑はタヌキの化かし合いでいい 
●孫をかわいがるときの八つの心得 
●悪口はブーメランのように返ってくる 
●弱音をはく、愚痴をいうにもコツがある 
●笑う門には福来る 他