自分の花を咲かせよう
発売日
2017年05月22日
概ね、この2日後に書店店頭に並びます
在 庫
在庫あり
判 型
四六判並製
ISBN
978-4-569-83802-1

自分の花を咲かせよう
祈りの詩人 坂村真民の風光

著者 神渡良平著 《作家》
主な著作 苦しみとの向き合い方』(PHP研究所)
税込価格 1,620円(本体価格1,500円)
内容 坂村真民の詩と生き様に生きる勇気をもらった人たちを取材し、真民さんの生涯とともに紹介。

「念ずれば花ひらく」「二度とない人生だから」など、今なお人々の心を揺さぶる数多くの詩を生み出した坂村真民。本書は、不世出の詩人の生涯を紹介する評伝と、真民詩によって励まされ、生きる勇気をもらった有名無名の人たちの人生模様を、神渡良平氏が丹念な取材を積み重ねて二部構成で書き下ろした力作である。

 第一部では、柔道オリンピック金メダリストの山下泰裕氏や、オートバックス創業者の鍵山秀三郎氏、円覚寺管長の横田南嶺氏など、各界の著名人が真民詩によっていかに大きな影響を受けたかを紹介。また、名も知られない市井の人々の、涙なくしては聞くことのできない真民詩との関わりについても丹念に描き出している。

 第二部は、真民氏が暮らした愛媛県砥部町での取材も踏まえ、真民氏の誕生から逝去までを丹念に辿る。まとまった伝記のない真民氏の初の評伝となっている。

 人々の心の灯火であり続けた"祈りの詩人"の世界を味わえる一冊。