坂村真民 いのちの言葉

在庫あり

[朗読CD詩集]
坂村真民 いのちの言葉
~生きるための90の詩~

  • 試聴

    CDに収録した音声のサンプルを試聴できます。
監修者 [語り]池田昌子
税込価格 20,520円(本体価格 19,000円)
構成 CD全3枚
付属品 書籍(144ページ)
収録時間 1枚約45分

念ずれば花ひらく。――命を生ききることを問い続けた希代の詩人・坂村真民の感動の詩作集!

現実をまっすぐに見つめ、強く生きることを訴え続けた詩人・坂村真民。その言葉は、ときには生き急ぐ現代人に警鐘を鳴らし、疑問を投げかけ、ときにはその心を深く癒していきます。そして、そのまっすぐなひと言ひと言は、生きる勇気と、明日への希望を与えてくれます。
本CD詩集は、心の糧として愛唱される坂村真民の詩の世界を、池田昌子氏の語りで綴ったものです。判断に迷ったとき、現実にうちひしがれたとき、そして誰かと喜びを共にしたいとき、そっと耳をかたむけてください。心に響く何かが見つかることでしょう。

<特長1>坂村真民の生涯の詩作から代表作を含む90編を紹介。
⇒「癒しの詩人」と呼ばれた坂村真民の言葉の数々が、私たち現代人の心を揺さぶります。

<特長2>池田昌子氏の味わい深いナレーションが心に響く。
⇒オードリー・ヘップバーンの吹き替えなどで知られる池田昌子氏のナレーションが、やさしく、切なく、詩の奥行きを伝えています。

<特長3>音と活字の両方で味わう、坂村真民の詩の世界。
⇒効果音や音楽をふんだんに盛り込んだCDと、90編の詩を収録した書籍をセットにしました。耳と目で、詩の世界を味わってください。

[CD詩集発刊にあたって]
坂村真民先生は、「清澄」という言葉がお好きでした。そして、この言葉そのままの生き方を生涯を通して貫かれました。
世の中の不条理を声高に非難されるのではなくて、いつも静かに、しかし力強くて清澄な生き方をもって鎮めて来られました。
この度、CD詩集『坂村真民 いのちの言葉』をご発刊なされましておめでとうございます。『詩国』の愛好者、「朴の会」の一人として、心からお喜び申し上げます。
鍵山秀三郎((株)イエローハット取締役相談役)「はじめに」より抜粋

◆内容の一部紹介◆
「鳥は飛ばねばならぬ」(Disc1より)

鳥は飛ばねばならぬ
人は生きねばならぬ
怒濤の海を飛びゆく鳥のように
混沌の世を生きねばならぬ
鳥は本能的に
暗黒を突破すれば
光明の島に着くことを知っている
そのように人も
一寸先は闇ではなく
光であることを知らねばならぬ
新しい年を迎えた日の朝
わたしに与えられた命題
鳥は飛ばねばならぬ
人は生きねばならぬ