小山 昇の特別ゼミナール<br />「儲かる会社」はこうつくる!

在庫あり

小山 昇の特別ゼミナール
「儲かる会社」はこうつくる!
経営で大切なこととは何か

  • 試聴

    CDに収録した音声のサンプルを試聴できます。
監修者 [監修・解説]小山 昇(株式会社武蔵野 代表取締役社長) 
税込価格 21,600円(本体価格 20,000円)
構成 CD全3枚
付属品 書籍(112ページ)
収録時間 1枚47~55分

中小企業のカリスマ・小山昇氏がこれまでの現場実践をふまえ、この時代を勝ち抜くための経営ノウハウを伝授!

「大切なのは、社長と社員が力を合わせて夢のある会社をつくっていくことです」

小山昇氏は、会社は年々売上を伸ばし、未来のお客様のために、そして、 社員のために「利益」を投資していくことが大事であり、それが経営者の責務だと訴えます。 しかし、懸命に努力しても志に反して、なかなか利益があげられないのが現状です。
ではコンスタントに利益を出している会社に共通していることは何でしょうか?
赤字続きの会社は、どこをどう工夫すれば強い会社に生まれ変われるのでしょうか?
徹底的に「現場」に根ざした小山流・経営戦略のすべてをここに公開!

小山昇の特別ゼミナールCDシリーズはこちら

<特長1>中小企業のカリスマ・小山氏が本CDのために語り下ろし。

<特長2>100%現場主義の小山氏が経営実践のノウハウを総まとめ。

<特長3>CDは移動時の車中などで気軽に聴いて、書籍で内容を再確認。


◆内容の一部紹介◆
「チーム力を徹底的に活かす」(Disc1「儲かる『強い組織』にする」より)

……物事を決めるときのルールがあります。絶対やってはいけないことがあるんです。それは多数決です。 多数決というのは、決め方としては非常によさそうですが、たとえば多数決で、10人で、6人の人が賛成、4人が反対。そうすると6人の人はいいんですが、4人の人は、協力しないんです。 これが人間の心理です。人間の心理を無視して経営はできません。 そこで私たちの会社は、全員が合意するまでずっと話し合いをさせるんです。そして全会一致ということで、少数の意見もみんなで認め合って決めていくことが、やはり大切。(…中略…)そうするとそこでは、非常に時間と手間がかかっている。でも、「なんで、新しく出てきた政策をやらなければいけないか?」ということが、その組織の人たち、全員が合意しているんです。ここなんです。全員が合意しているから、「ヨーイ、ドン!」と言ったときに、すぐにスタートができるんです。……