中間管理職が知っておきたい<br />
大企業病の問題と治し方

個人申込

受講料は株式会社キバンインターナショナルの決済システムでのお支払いとなります。
詳細はこちら

中間管理職が知っておきたい
大企業病の問題と治し方

●受講対象
管理職
●サービス期間
60日
●受講料
1,500円 +税

このeラーニングコースは、株式会社キバンインターナショナルとPHP研究所が共同でご提供するものです。
受講は同社の学習管理システム「SmartBrain」ですすめていただきます。
はじめてご利用の場合は、ユーザ登録(無料)が必要です。

特色
  1. 1)講師によるレクチャーとチャートによるわかりやすい解説動画により、短時間で学習ができます。
  2. 2)PCはもちろん、スマホ、タブレットでの学習が可能なので、隙間・細切れ時間を使って効率的に学べます。
学習のねらい 数千人のビジネスパーソンと面談し、人材紹介を行ってきたアクティベイト㈱代表の海老一宏氏が、さまざまな具体的事例を通して痛感してきた〈大企業病〉。組織の大小を問わず、優秀なビジネスパーソンの99%が大企業病になっていると言います。
本コースでは、その問題点と対処法をズバリ解説しています。
メニュー 1) 大企業病とは何か
2) 日本の組織の典型的な問題点
3) 個人が患う大企業病
4) なぜ個人が大企業病になるのか
5) 中間管理職として身につけるべき態度
理解度テスト(20問)
講座収録時間(67分)
監修者紹介 海老一宏
人材紹介コンサルタント/アクティベイト株式会社 代表取締役社長
1957年宮城県仙台市生まれ。中央大学卒業後、品川白煉瓦株式会社に入社して人事・経理・営業に携わる。1992年に独立し、レンタルビデオ・CDショップを開業する。1店舗からのスタートで、FC本部の経営まで事業を拡大した。2000年に人材紹介会社に入社し、トップエージェントとして活躍。2005年に独立し、現職。公益財団法人みやぎ産業振興機構のビジネスプロデューサーも務める。著書に『40歳からのサバイバル転職成功術』(ワニブックスPLUS新書)がある。