頁数/仕様
208ページ / 縦:19cm 横:13cm
初版
1993年5月
在庫
在庫あり

ほめて上手に育てる法
お母さんのガミガミが子どもをダメにする

お母さんが優しくなれば、子どもはのびのび元気になります。母親講座の実例をもとに家庭教育のあり方をわかりやすく解説したロングセラーです。
著者(肩書) 山崎房一《新家庭教育協会創立者》
税込価格 1,258円 (本体価格:1,165円)
対象 幼児~小学生の保護者
頁数/仕様 208ページ / 縦:19cm 横:13cm
初版 1993年5月

Get Adobe Reader『目次』『見本ページ』をご覧になるにはAcrobatReaderが必要です。
予めご用意ください。


岩本葉菜子さんは二児のお母さんです。
優しいお母さんを目指して母親講座に通っていますが、それでも、たまにイライラして怒ってしまいます。ある晩、ちょっと気になって二人の息子たちに教えてもらいました。
「お母さんが怒ると、どんな気持ちになるの?」
小学二年生の長男孝クンが教えてくれました。
「心がながーく伸びているのに、ピューンって縮まっちゃうの……。心がピカピカ光っていたのに、一瞬、消えちゃって、まっ暗になるの……」
また、保育園の年長の次男保クンが教えてくれました。
「フラフラになって、ガクーンってなって、泣いちゃって、お母さんをたたきたくなるんだ」

「お母さんが、毎日怒ってばかりいたら?」
「ボクたち、病気になっちゃうよ!」
お口を揃えて言いました。
「お母さんが謝ると、どんな気持ちになるの?」
長男クンは「お母さん、悲しそうだから、かわいそうと思う」
次男クンは「ニコッとなって、チュッして、顔が笑って、それでおしまい」
二人仲よく教えてくれました。  (「はじめに」より抜粋)

【第1章】ガミガミをやめれば子どもは変わる
    1.「あなたはできる」の暗示が子どもの能力を大きく伸ばす
    2.子どもを強くする「お母さんは味方」という意識
    3.ほめれば伸びるパーソナリティ、ガミガミでつぶれる個性
    4.一人前扱いをしなければ子どもはおとなになれない
    5.子どもの夢を大切にすると育つ「やる気」

【第2章】お母さんのガミガミはどうすれば直るのか
    1.自分自身への不満がガミガミの震源地だった
    2.わが子の能力をどうやって飛躍させるか
    3.我慢しながら子どもを育てていますか?
    4.教育とは子どもの成長欲求に手を貸すこと

【第3章】一カ月でみるみる変わる母親教室
    ◆日々実行心得 

子育てはイライラの連続……つい、子どもにガミガミ言ってしまいますよね。でも、ガミガミの正体がわかると、みるみる表情が変わってくるそうです。わたしも一児の母ですが、この本に助けられました!