頁数/仕様
160ページ / 縦:18.8cm 横:12.9cm
初版
2015年2月
在庫
在庫あり

おつき合いで失敗しない! 上手な言い方・伝え方

ママ友との会話、学校や親戚の集まりなど、よくあるシーンで役に立つ好感度アップのフレーズや、ほめる・断る・おわびなど、覚えておけば効果抜群の会話のコツを満載しています。
著者(肩書) 杉山美奈子《コミュニケーションインストラクター》
主な著作 『頭がよくてかわいくみえる話しかた』(講談社)
税込価格 1,296円 (本体価格:1,200円)
対象 一般
頁数/仕様 160ページ / 縦:18.8cm 横:12.9cm
初版 2015年2月

Get Adobe Reader『目次』『見本ページ』をご覧になるにはAcrobatReaderが必要です。
予めご用意ください。


人間関係をつくるのは、会話です。家族と、ママ友やご近所さんと、仕事仲間と、初対面の人と。私たちはいろいろな人と会話を通して関係をつくり、深めています。
言い方ひとつで相手に思いが伝わったり、伝わらなかったり……。「そんなつもりじゃなかったのに」「言いたいことはもっと別のことなのに。いい表現がみつからない。どうしよう」。そんな会話の場面が、たくさんあります。
〈あなたの思いが相手に正しく伝わりますように〉という思いで、この本をつくりました。私自身も、思うように伝わらないと感じて暮らしているからです。

私たちは毎日、いろいろな人と接し、さまざまな会話の場面に遭遇します。あいさつする、雑談する、誘う、断る、断られる、お願いする、催促する……。それが家族とだったり、初対面の人とだったり、気をつかう目上の人とだったりします。
そんなときに困らないあなた流の会話のスタイルは、既にお持ちのことでしょう。でも、そのスタイルにプラスできそうな会話のコツを、この本で“仕入れて”いただけたらと思うのです。
また、目上の人との会話、義理のご両親との会話、冠婚葬祭の場面で使う“大人なら知っておきたいフレーズ”も、再確認していただけたらうれしいかぎりです。
〈あなたの気持ちが相手にもっと伝われば〉と願い、各シーンでよく使うフレーズと、それぞれのポイントを挙げました。
実は、会話にはその人なりのクセがあります。そのクセが会話で活きることもあれば、自分では気づかないうちに相手との関係をこじらせてしまうこともあります。
また、年齢を重ねても語彙が増えなければ、自分の思いにフィットした言い回しが出ない、そんなもどかしさを感じる場面が増えてゆきます。
誰と会っても感じがよくて、いつも幸せそう……。そんな人をめざすなら、会話の仕方を知って語彙を増やすのが近道です。
言い方ひとつで家族も今以上にあなたを応援し、互いの気持ちが通うようになります。いいえ、家族だけではなく、周囲の人たちもあなたとのおしゃべりを楽しみにし、信頼してくれます。

会話はあなたの気持ちを伝え、相手の気持ちを理解する大切なツールです。だから会話力を磨けば、人間関係がよくなります。そして、あなた自身も人と会うのが楽しみになり、毎日が楽しくなることでしょう。
目についたフレーズから読めて、日常で使えるフレーズがすぐにわかるこの本を使って、あなたの毎日を上手な会話で素敵にしてください。  (「はじめに」より)

【PART1】おつき合い上手になれる! ちょっと素敵な大人の言い方・伝え方
《訪問先で》そろそろ帰ってほしいな~
気持ちのよい時間をすごすための、配慮の言葉をちりばめて
・玄関先で
・おいとまする
・おもてなしをする

《食事の場で》もう食べられないんだけど……
ポジティブな表現に変換して、場を盛り上げよう
・味の感想
・お会計のとき
・カジュアルな食事会で
・あらたまった食事会で

《集まりで》沈黙は金?
自分が主役になろうとせず、周囲に話題を提供して
・場をなごませる
・自己紹介する 人を紹介する
・席を外す
・友人 PTA 習いごとの集まりで
・親類縁者の集まりで

《その場から離れる》私じゃないのにー!
「広げない」「同意しない」が、噂話や悪口をかわすコツ
・噂話 悪口をかわす
・切り上げる

〈COLUMN1〉対人関係の“パーソナル・スペース”を知っていますか?

【PART2】会話がはずむ!  仲よくなれる! 好感度アップのおしゃべり術
《あいさつ 会話のきっかけ》仲よくなりたいのに~!!
「天気」「季節」「その場の話題」を、あいさつにプラス
・初対面の人とのあいさつ
・ふだんのあいさつ
・別れ際のあいさつ
・会話のきっかけ

《相手と打ちとける》もっと、会話してよ~
こちらから話題を出さず、相手の話に乗っかるほうが◎
・あいづち
・会話を盛り上げる
・親しくなる会話術

《ほめる》“好き”“ありがとう”は魔法の言葉
“ほめ上手”への第一歩は、相手に関心を持つこと
・ほめる
・ほめられたとき

《感謝する お礼を言う》“感謝”は家庭円満のヒケツ
夫や子どものがんばっているところを探してみましょう
・親しい人へのさりげない感謝の言葉
・あらたまった感謝の言葉

〈COLUMN2〉雑談歳時記

【PART3】あんなとき こんなとき 知っているとかなりトクする言い方・伝え方
《誘い方》誰も誘いに乗ってくれない!?
情報をできるだけ準備して誘いましょう
・誘うとき
・誘いを受けたら

《お願い》食べたかったのはこれじゃない~!?
命令調にならないように、気づかいの言葉を添えて
・お願いする
・感じよく引き受ける

《伝える 相談する》エ~~ン、誰も代わってくれなーい……
聞いた相手がどう思うかを考えて、伝えてみましょう
・わかりやすく伝える
・悪い内容を伝える
・相談する
・相談に乗る

《励ます なぐさめる》子どもを上手になぐさめるには……
励ますのは、相手の話をよく聞いてから
・励ます ねぎらう
・なぐさめる

《聞く》どうしてもしゃべっちゃう……
途中で口をはさまずに、最後まで話を聞きましょう
・相手の気持ちを受け止める
・相手の気持ちを整理する
・相手の思いに寄り添う

《冠婚葬祭》壁に耳あり……
ベーシックなフレーズをきちんと使えてこそおつき合い上手
・お祝いごと(結婚・出産)
・お見舞い
・お悔やみ
・その他のあいさつ

〈COLUMN3〉LINE(ライン)はとても便利だけれど……

【PART4】嫌われずに「言いにくいこと」を伝えるとっておきフレーズ
《言いにくいことを伝える》結局、何が言いたいの?
感情にまかせず、相手に気持ちよく動いてもらえる気づかいを
・催促する めんどうなことをお願いする
・反対する 反対の意見を言う
・注意する 怒りを伝える

《あやまる おわびする》言い訳無用!
こちらが悪くなくても、まずは歩み寄りのフレーズを使って
・失礼をおわびする
・ご近所トラブル

《クレーム》ウチが悪いんじゃないのに!
“お願い”の形にするのが、クレームの上手な伝え方
・クレームを言う
・クレームを受けたとき

《断る》断れな~~い!
断る相手とよい関係を保ちたいなら、謝罪や気づかいの言葉は必須
・相手の厚意を断る
・お願いごとを断る
・断られたとき
・調整する