頁数/仕様
80ページ / 縦:21cm 横:21cm
初版
2016年5月
在庫
在庫あり

心が落ち着くマンダラ切り紙

ずらす角度や配色、背景に敷く紙の色の違いで十人十色のマンダラができあがります。切る箇所が少なくなるよう折り方を工夫しているので、見た目よりずっと簡単です。
著者(肩書) 監修:鈴木智子《行動科学研究所所長》
川崎由季恵《ペーパーコラージュ作家》
主な著作 監修:鈴木智子『認知症予防マンダラぬり絵100』(PHP研究所)
税込価格 1,404円 (本体価格:1,300円)
対象 一般
頁数/仕様 80ページ / 縦:21cm 横:21cm
初版 2016年5月

Get Adobe Reader『目次』『見本ページ』をご覧になるにはAcrobatReaderが必要です。
予めご用意ください。

心が落ち着くマンダラ切り紙
皆さまにはじめにお伝えしたいことは、本書の切り紙はどれから切っても、どのような色を使ってもみなさんの自由だということです。
本を開いて、気に入ったものが何枚か見つかったら、今の自分に一番ぴったりのものを作ってみて下さい。

冒頭の作品例は、コラージュ作家の川崎由季恵さんによるものです。お手本として同じ色の組み合わせでつくってもかまいませんが、「あなたの今の気分にぴんときた配色で」つくっていただくとよいでしょう。

「マンダラ切り紙」は切った切り紙を重ねて、ずらしていくことによりできあがりますが、ずらす角度や配色、背景に敷く紙の色の違いで十人十色のマンダラができあがります。また、本書の型紙は15㎝×15㎝の紙を使用することを前提にしていますが、型紙を拡大・縮小することで、異なった大きさのマンダラをつくることもできます。とくに、背景に敷く紙の色はあなたの深層心理をあらわしていますので、できあがったマンダラを眺めると、今のあなたの状態を客観的に見ることもできるでしょう。

途中でやめたくなったら、しばらくしてからとりくむのもいいでしょう。これは、ふだんあなたを縛っている約束事や強迫観念から心を解放することが、本書の目的だからです。なににも縛られない「本来のあなた」を見つけるには、心を自由にすることがなによりも必要です。

あなたが「切る」という手仕事に没頭することで「今ここ」に集中し、心が落ち着きリラックスできたなら、誠に幸いです。  (「はじめに」より)

◆マンダラ切り紙のつくり方

◆作品例と型紙を全部で42作品紹介

◆大マンダラ

◆折り方一覧