頁数/仕様
32ページ / 縦:25.7cm 横:19.6cm
初版
2016年12月
在庫
在庫あり

自律神経を整えてこどもが眠る魔法のよみきかせ絵本

このお話には自律神経が整い、こどもが安心して眠りにつく工夫がたくさん。自律神経が整えば、スムーズな入眠、質のよい睡眠につながります。なかなか寝ないおこさんにぜひ。
著者(肩書) 作:ささきあり《童話作家》
監修:坪田聡《雨晴クリニック副医院長》
絵:WAKAKO
主な著作 ささきあり:『おならくらげ』(フレーベル館)/坪田聡:『脳が突然冴えだす「瞬間」仮眠』(SBクリエイティブ)
税込価格 1,404円 (本体価格:1,300円)
対象 幼児~小学校低学年の保護者
頁数/仕様 32ページ / 縦:25.7cm 横:19.6cm
初版 2016年12月

Get Adobe Reader『目次』『見本ページ』をご覧になるにはAcrobatReaderが必要です。
予めご用意ください。


◆よみきかせをするまえに

この本は、こどものスムーズな入眠と質のよい睡眠のために書かれたお話です。
こどもはなぜすぐに眠ってくれないのでしょうか? いちばん大きな原因は、お母さんのイライラや不安、「早く寝かせなきゃ」という焦りが、こどもに伝わってしまうから。こどもはお母さんのことが大好きです。お母さんのことをとてもよく見ています。まずはお母さんがリラックスしましょう。
よみきかせをする前に、大きく深呼吸をしてみてください。ゆ~っくりと息を吸って、ゆ~っくりと息を細く長く吐いてみましょう。少し心が穏やかになりませんか? まだ足りないようだったら、もう一度大きく深呼吸をしてみましょう。おこさんと一緒にするのもいいですね。

お母さんがリラックスできたら、おこさんはどんな状態ですか? まだまだ眠そうにない? ベッドにも入ろうとしない? じゃあ、あと10分だけ遊ばせてあげましょう。大丈夫、この本があればすぐに眠ってくれますから。
ようやくベッドに入ってくれたら、今度はこどもをリラックスさせていきましょう。こどもはお母さんの声やにおい、ふれあうことで安心できます。こどもがお母さんのにの腕をつかんだまま寝入ってしまったなんてことを経験された方もいると思います。落ち着くんですね。

では、お話をはじめましょう。落ち着いた声でゆっくりと。
このお話は、最初にこどもに問いかけをしています。こどもの心のなかにある悩みや不安をお母さんに話すこと、聞いてもらうこと、受け入れてもらうことで取り除いていきます。だから、こどもが話す内容に反論や訂正はせず、「うん、うん」「そうだね」と肯定の姿勢でやさしく返事をしましょう。反論や訂正は次の日になってから、「お母さん、あれからいろいろ考えたんだけどね、○○だと思うよ」と落ち着いて話をしてみましょう。
ひととおり話し終わったら、こどもはす~うっと眠ってしまうこともあります。心がスッキリした証拠ですね。眠ってしまったら今日はそこでおしまい。続きのお話はまた明日にしましょう。
こどもとゆっくり落ち着いて話す時間は意外にないものです。幼いうちからこういった時間をとることで、楽しかったこと、嬉しかったこと、悲しかったこと、腹が立ったことなどなんでも、こどもの心のなかにある感情を共有できる関係を築いてほしいと思います。これはこどもにとってだけいいものではありません。お母さん自身にとってもこどもの成長を知る、いいきっかけになると思います。

夜、眠る前のこの時間が親子にとって、とても大切な時間になることを願って。