こころ相談室

こころ相談室






人前で涙をこらえるには?
 社会人5年目の会社員です。最近転職をしました。悩みというのは仕事で涙を我慢できないことです。もともと普段から涙もろくて、音楽を聴いてもテレビのドラマやニュースを見てもすぐに泣けてしまう方なのですが、仕事上で自分にとって理不尽なことで怒られたり、怒り出すと収拾のつかなくなる上司に当たられたり、思いもよらぬ冷たい対応をされたときに、人前でも涙がポロポロ出てきてしまうんです。

 以前の会社では「女だからって泣けば済むと思うな」と言われ、負けず嫌いの私は今まで必死で涙をこらえようと努力してきましたが、いまだに気持ちとは裏腹に涙が出てしまいます。言われたことを「ハイハイ、スミマセン」と聞き流して落ち着こうと思うのですが、相手の言葉がグサッと自分の心まで届いてしまい、まず涙が出てしまいます。涙をこらえようとつねってみたり、相手の顔を見ないようにしたり、他のことを考えてみたり努力するのですがうまくいきません。人と争うのは嫌いなので、本当に自分が悪いと思えばすぐに非を認め、素直に謝ることのできる性格です。悪く言えば人を怒ることができずに自分の中に溜め込んでしまうタイプかもしれません。

 人前で涙をこらえるにはどうしたらいいかアドバイスをお願いします。それとも涙が出やすい目の病気でもあるのでしょうか。

(27歳、編集・派遣)

回 答
 もともと涙腺がゆるいのも確かでしょうが、仕事上では、冷静に、平静に相手の言うことを聴くことができれば、このようなことは必ずおさまります。ところが、あなたは相手の言うところにいちいち敏感に反応してしまうので、冷静でいられないわけです。

 上司の言うことを真に受けないためには、相手に対する要求水準を下げる必要があるかもしれません。あるいは相手に対する認知(見方)をちょっと変えましょう。
 上司というのは、
1. ほとんどの場合、理不尽なことばかり言い出す生き物である。
2. ほとんどの場合、怒り出すと収拾のつかなくなる生き物である。
3. ほとんどの場合、思いもよらぬ冷たい対応をする生き物である。

 以上のことは、猫がツメ研ぎをしたり、トイレの後に足で砂をかけるくらいに当たり前のことなのです。
 よく考えてみましょう。そうでない上司、つまり「理不尽なことは言わない上司」、「怒り出しても冷静でいられる上司」「どんなときでも温かい反応をしてくれる上司」なんて、地球上のどこにいるのでしょうか。
 この三箇条以外にもあなたが気づいたことがあったら、それも加えて、いつでも見られるようにしておきましょう。


BACK