12/30(金)31(土)『信長 戦いの若き日々――誕生から「天下布武」まで』を原作とするテレビ番組放送(j:COMチャンネル)


織田信長が岐阜城に拠って天下取りに乗り出すまで、同族や地域豪族と戦い続けた若き日々を、現地取材して克明に描いた泉秀樹先生著『信長 戦いの若き日々――誕生から「天下布武」まで』(2017年1月刊)を原作とするテレビ番組が放送されます。

 

JCOMzrwemlc.jpg

 

番組名:

特別企画[信長 戦いの若き日々――誕生から「天下布武」まで]

 

放送日時:

2016年12月30日(金)午前10時~/31日(土)午前7時~、午後6時~ ほか

 

放送局:

J:COMチャンネル(地上デジタル11ch)神奈川エリアにて放送

 

「泉秀樹の歴史を歩く」公式ページ:

http://www.myjcom.jp/tv/channel/kanto/rekishi-wo-aruku.html

 

書籍について:

泉秀樹著『信長 戦いの若き日々――誕生から「天下布武」まで』(PHP文庫、2017年1月6日発売)

 

nobunagaカバーオビ2.jpg

 

著者略歴:

泉秀樹【いずみ・ひでき】

作家・写真家。1943年、静岡県浜松市生まれ。慶應義塾大学文学部卒業。産経新聞社、三田文学などで記者・編集者を経て、73年に小説『剥製博物館』で第5回新潮新人賞受賞。

主な著書に、『文物の街道』(恒文社)、『海の往還記』(中公文庫)、『士道の本懐』(PHP研究所)、『戦国なるほど人物事典』『歴史を歩く 深掘り神奈川』(以上、PHP文庫)などがある。j:COMチャンネルの歴史番組「泉秀樹の歴史を歩く」の原作・ナビゲーターも担当している。