マラソンぎらいがPHPマラソン部を取材してみた|PHP INTERFACE

PHP DAYS人事担当者ブログ

マラソンぎらいがPHPマラソン部を取材してみた

  • 2016年5月23日 11:32
  • phppr
マラソンぎらいがPHPマラソン部を取材してみた

こんにちは。Twitterの中の人です。
突然ですが、皆さまはマラソンはお好きですか?

 

正直申し上げて、私は大の苦手です。
苦しい・辛い・面倒くさい……
マラソンって一体何のためにあるの?
自分との戦い?それって本当に必要な戦いですか!?

 

(※全国のランナーの皆さまごめんなさい。)

 

そんな悪m……もとい、修行のようなスポーツであるマラソンですが、信じられないことに、PHP研究所 東京本部のマラソン人口はそこそこ多めです。
社内のマラソン好きが部署や世代の垣根を越えて集まり自主練に励む、通称「マラソン部」なんて集団まで存在します。
恐ろしいですね!

 

実は、東京人事部のM氏もガチのマラソン部員。
「この前、みんなで企業対抗駅伝に参加してきたんだけど、ブログのネタにどう?☆」
とキラキラした目でその想い出を語ってくださいました。

 

というわけで、今回はPHP研究所・マラソン部の華麗なる活動を、駅伝の写真を交えつつご紹介させていただくことにします。
よりによってこの私が!なんてこった!ごめんなさい!

 

マラソンぎらいがPHPマラソン部を取材してみた

 

 
↑こちらがM氏。
恥ずかしがり屋さんのため、顔出しNGです。

 

 

 

***

 

中の人:そもそも、企業対抗駅伝なんてイベントがあることを初めて知ったのですが 今回はなぜ参加することになったんですか?

 

M氏:ここのビル(※PHP研究所 東京本部が入っているNBF豊洲キャナルフロント)、オートバックスさんも入ってるでしょ?

 

中の人:クルマのことならオートバックス、のオートバックスさんですよね。

 

M氏:そうそう。そこの人事の方から、ある日突然メールが来たんだよ。「PHP研究所さんには、マラソン部があったりしますか?」って。

 

中の人:!? ええと……それはつまり……オートバックスさんにもマラソン部がある……ということですか……?

 

M氏:そう、偶然にも!で、「せっかくのご縁だし、一緒に企業対抗駅伝に出ませんか?」ってお誘いいただいて、いつも一緒に走ってるマラソン部のみんなと出場することになったんです。楽しかったよ~~!オートバックスさんに「PHPさんがんばれ~!」なんて応援してもらっちゃったり☆

 

中の人:おお、リア充っぽい……

 

3.jpg

↑オートバックスさんとの記念写真。
応援用の旗まで用意するガチ勢です。

 

中の人:っていうか、マラソン部がある会社って意外と多いんですね。

 

M氏:そうですね。マラソンはお金がかからないし、健康にもいいからね。ちなみに今回の企業対抗駅伝、なんと722チームが参加しています!

 

中の人:ひい……そんなに……。

 

M氏:PRをかねて参加する企業さんが多いんだよね。そんなライバルがわんさかいる 中、PHPはけっこういい成績を収めたんですよ。ほら。

 

4.jpg

5.jpg

↑5人1チーム。
PHPは2チーム参加したそうです。

 

中の人:おお、すごい!特にAチーム!っていうか、一人とびぬけて速い人(Aチーム5区)がいますね……。

 

M氏:N村くんでしょ?彼、PHPのマラソン部のコーチだから。

 

中の人:ただ者ではないと思ってましたが、ここまでとは……。

 

6.jpg
 
↑ビジネス出版部のN村氏。
爽やかスポーツイケメンです。
眩しくて直視できない……。

 

***

 

中の人:いやあ……実は私、正直マラソン苦手なんですよね……。何故あんな辛い思いをしてまで走るのか、理解できなくて……。

 

M氏:ほう。

 

中の人:こんなこと聞くのもアレですけど、皆さん一体何が楽しくて走っているのか、もう少し詳しく伺いたのですが……。

 

M氏:なるほど、ではせっかくなので、わがマラソン部の部員に語ってもらいましょうか。

 

中の人:!! あなたは……!

 

7.JPG

 

N崎:お疲れさまです!今年入社2年目の直販普及部員、そしてマラソン部員のN崎です!

 

中の人:お、お疲れ様です。言われてみればN崎さん、すごい体育会系っぽいよね……。

 

M氏:彼女、学生時代はサッカーやってたからね。スカウトしたんですよ。

 

中の人:私の友達にはいないタイプの人!早速ですがN崎さん、あなたはなぜマラソンを走るのですか……。正直、私には理解できない世界なのですが。

 

N崎:やはり、走った後の達成感でしょうか。特に駅伝はタスキをつないでいく競技な ので、仲間との連帯感も味わえます。マラソン部をきっかけに、他部署の方々と仲良く なれましたよ!

 

M氏:仲間を応援するのも楽しいよね。皆、松岡修造になれるよ!

 

中の人:修造になっちゃうんですか。

 

N崎:あ!あと、疲れている時に走ると、疲労が回復します。不思議なことに。

 

中の人:うん???何を言っているの???

 

N崎:怠さが消えますし、前向きな気分になれますよね!!

 

M氏:わかる!!筋肉痛も心地いいよね!!!

 

中の人:???????

 

A氏:まあ、走る理由は色々だけど、健康のためっていうのは大きいかもね。

 

N崎:Yさん(入社3年目 同じく直販普及部員)はダイエットのために走っているそうです。

 

中の人:そういえば彼、最近だいぶシュッとしたような?

 

N崎:写真を見くらべるとよくわかりますよ……。

 

中の人:うわ!!!痩せてる!!!マラソン怖い!!!!

 

8.jpg

9.JPG

↑ウワサのYさん。
本人に「何キロ減ったの?」と聞いたところ、
「ドン引きされるので言えません……」と教えてくれませんでした。
女子か!

 

中の人:ちなみに、Mさんは何のためにマラソンを?

 

M氏:ビールです。

 

中の人:うん?ビール?

 

M氏:走った後のビールのためです。走ると美味しさが変わります、本当に。

 

中の人:健康のためではないんですか?

 

M氏:それもあるけど、まあ、飲んじゃうからプラマイゼロだよね。

 

中の人:それでいいんでしょうか。

 

M氏:いいんです!!

 

人は何故マラソンに挑戦するのか……
その理由が少しわかった気がします。
苦しんだ後のビールって美味しいですものね!(結論)

 

***

 

いや~~~、マラソン部員、中々すごい人たちでした。
途中何を言っているのかちょっと理解できなかった!
未知の世界を覗いた気分です。

 

そんなマラソン部員の方々、 普段は仕事をバリバリこなすエリート社員ばかりです。
社会人になっても自分の好きなことに打ち込むことがイキイキと毎日を過ごす秘訣なのかもしれないな~、なんて思いました。

 

なんだかんだ言いましたが、マラソン部、楽しそうでうらやましいです。
いいなあ、私も何かしら始めようかな……。
運動は無理そうだから漫画研究部とか作ろうかしら……。

 

入部したい方、もしいましたら、ぜひ中の人までご連絡下さいませ……。

 

Twitterの中の人 (り)

 

お知らせ

インスタグラムを始めました!
PHP研究所の日常や、おすすめ商品の紹介などを、ゆるゆると投稿しております。
ぜひフォローをお願いいたします☆

 

 

※PHP研究所 広報のアカウントはこちら! (*´∀`)ノ