公開セミナー詳細
  •  
  •  
  •  

1dayセミナー

メンタルヘルスケア実践研修

ストレスチェック制度をより活かすために

  • パンフレット

    パンフレット・お申込書をPDFデータでプリントアウトしていただけます。

研修のねらい

昨今、メンタルヘルス上の問題への対策だけでなく、未然予防の観点から「メンタルヘルス・ラインケア」の考え方と取り組みが重要性を増してきました。本コースでは心身ともに健康で活力ある職場づくりのために、必要な知識と情報を学んでいただきます。

【コースポイント】
(1)ストレスチェック実施後の対応など、企業として取り組む課題を明確にする
(2)現場管理職のフォローの仕方を具体的に学ぶ
(3)具体的な事例研究を通じて、さまざまな問題への対処法を考える

カリキュラム


メンタルヘルスケア実践研修風景

(昼食休憩:45分)

9:30
●オリエンテーション


●メンタルヘルス対策の重要性
・メンタルヘルス不調者が増えた背景
・コンプライアンスとメンタルヘルス対策
・ストレスチェック実施後の対応

●メンタルヘルス・ラインケアの考え方と具体的な取り組み
・一次予防、二次予防、三次予防について
・会社が果たす役割――上司が果たす役割
・メンタル不調者の未然予防
・部下のストレスサインに気づくためのコミュニケーション
・復職支援について

13:00
●事例研究―具体的な状況下での対応の仕方

*事前に準備した複数の事例について受講者全員で検討します

●身心ともに健康で活力ある職場づくりのために何をすべきか

17:30 散会

担当講師

若林邦江

ストレスに負けない人と組織をつくるためのポイントを、わかりやすくお伝えします。

受講者の声

具体的な事例をもとに考える機会をもつことができて良かった。相手の話をきちんと聞くことを実践したい。
(サービス業・男性)
受講者同士のディスカッションの時間が多く、自分では今まで見えていなかったことにも気づくことができた。
(サービス業・女性)
「メンタル不調者との会話における注意点」や「日頃からのコミュニケーションや環境づくりの大切さ」を学べて良かった。
(製造・男性)

実施要項

セミナー種類 公開セミナー
対 象 メンタルヘルス対策のご担当者
定 員 18名(1開催1社5名様まで)
期 間 日帰り1日コース
総学習時間 7.25時間
税込受講料
43,200円 (本体 40,000円)
※1 昼食、資料代含む
※2 ビデオアーカイブズプラス会員受講料は10%割引となります
会 場 〈東京会場〉
PHP研究所 東京本部
(東京メトロ有楽町線「豊洲」駅6a出口より徒歩7分)

〈京都会場〉
PHP研究所 京都本部
(JR・近鉄「京都」駅八条口より徒歩5分)

開催日程・お申込

開催予定 お申し込み
東京
第7回:17年11月20日(月) 法人 個人
京都
第3回:17年 7月26日(水) 法人 個人
京都
第4回:17年11月24日(金) 法人 個人
開催全日程PDFをダウンロード