ねらいと特徴
管理・監督者に求められる使命・役割が、組織の強化と業績向上であることを正しく認識したうえで、その使命・役割を果たすために求められるコーチング型マネジメントの実践ポイントを学んでいただきます。
期待効果
(1) マネジャーの使命・役割を再確認し、自らの現状と課題が明確になる
(2) 会社と自らのミッション・ビジョンを見つめ直し、自身のことばで語れるようになる
(3) コーチングの考え方と基本スキルを習得することで、日々のマネジメントスタイルが、コーチング型へと変換される
受講対象
管理・監督職(課長、係長、主任、マネジャー、チームリーダー、等)の方がた
定  員
1クラス原則20名前後
モデルプログラム
一日
コース
9:00 ● 開講
● オリエンテーション
9:30 【解説と討議】『マネジメントの基本とリーダーの役割』
・ マネジメントの見直し
・ リーダーの使命と役割
・ 「やる気」の源泉
10:30 【講義と討議】『コーチングの基本の考え方とスキル』
・ コーチングの定義と基本理念
・ 今、なぜコーチングか
・ コーチングの3つの基本スキル
15:00 【演習と解説】『ロールプレイ』
現実の状況を想定したロールプレイ
16:30 ● まとめと質疑応答
17:00 ●終了

担当: PHPゼミナール講師

※ モデルプログラムを参考に、貴社独自の研修プログラムをご検討ください。弊社担当者がいつでもご相談を承りますので、お気軽にご一報ください。