ねらいと特徴
お客様に好感の持たれるマナーについて、単に形だけを学ぶのではなくお客様に接する側の「あり方」も含めて理解していただきます。
期待効果
(1) CSを向上させる上で、マナーの果たす役割がいかに大きいか、理解できるようになる
(2) 日ごろの自分のマナーがお客様にどういう印象を与えているか、客観的な視点で気づく
(3) 研修での学びを実践するための具体策を考えることで、現場での応用力が身につく
受講対象
営業・接客など、お客様と接する機会の多い方がた(性別・職種・業種は問いません)
定  員
1クラス原則20名前後
モデルプログラム
一日目 9:00 ● 開講
● オリエンテーション
9:30 【解説と討議】『CS向上とマナーの果たす役割』
・ CS向上のカギを握る要因
・ よりよいマナーは思いやりの心の実践
11:00 【解説と演習】『マナーの基本動作の再確認』
・ 身だしなみ
・ 名刺の受け渡し
・ 正しいことばづかい
・ 立ち居振る舞い
17:00 ● 1日目終了
二日目 9:00 【演習とフィードバック】『好感のもたれるマナーを目指す』
・ 感じのよい電話応対
・ 接客応対時のマナー
・ 訪問時のマナー
・ マナー総合演習
13:00 【解説と討議】『さらなるスキルアップを目指すための課題』
・ 現場でのマナー指導のポイント
・ 自らを向上させるための課題設定
16:30 ● まとめと質疑応答
17:00 ● 終了

担当: PHPゼミナール講師

※ モデルプログラムを参考に、貴社独自の研修プログラムをご検討ください。弊社担当者がいつでもご相談を承りますので、お気軽にご一報ください。