帝都探偵奇譚『ニンジャスレイヤー』著者最新作

東京少年D団 明智小五郎ノ帰還

原作 江戸川 乱歩/著 本兌 有 & 杉 ライカ ブラッドレー・ボンド & フィリップ・ニンジャ・モーゼズ/挿画 アントシンク
乱歩×スチームパンク 猟奇!秀麗!退廃! 2017年1月26日発売 PHP研究所 定価:本体1,300円(税別)
試し読み 動画

あらすじ

蒸気と狂気と暗雲に包まれた、1920年の帝都東京! 怪人二十面相の挑戦を受けた資本主義の獅子・羽柴壮太郎は、かのアルセーヌ・ルパンにすら勝利した伝説の名探偵・明智小五郎を呼び寄せた。しかし彼のもとに現れたのは明智ではなく、恐るべき美貌と眩しいばかりの知性を輝かせる妖しき天才美少年・小林芳雄であった。「僕の知能指数は平常時の明智先生の2倍です。ご存じないかもしれませんが、探偵の能力とは、カラテ段位ではなく知能指数で測るものなのです」猟奇! 闇の近代日本を舞台に、爆発寸前のアドレナリンと知能指数が火花を散らし、七つ道具が飛び交う! 狂気に次ぐ狂気! 変装に次ぐ変装! カラテに次ぐカラテ! 帝都の蒸気と闇の中に垣間見る、暗き知性と復讐の炎! 嗚呼! 誰もがその名を知りながら真実の直視を避けてきた暗黒少年探偵奇譚、今、ここに開幕!

原作

江戸川乱歩

日本文学史の巨人であり、日本におけるパルプ小説(スリラー、アクション、怪奇要素の濃厚なエンターテインメント小説)のパイオニア的存在。そのペンネームはおそらく、エドガー・アラン・ポオからきている。代表作に「パノラマ島奇譚」「怪人二十面相」など。

本兌 有 & 杉 ライカ

パルプユニット「ダイハードテイルズ出版局」の作家・翻訳家・小説家。代表作「ニンジャスレイヤー」「ストームダンサー」「ハーン・ザ・ラストハンター」など。好きな映画監督はクエンティン・タランティーノとロバート・ロドリゲス。

ブラッドレー・ボンド & フィリップ・ニンジャ・モーゼズ

サイバーパンク・ニンジャ小説「ニンジャスレイヤー」原作者。英語版の怪人二十面相を2012年頃に読んで興味を抱き、英語化されている断片的知識から今回の少年探偵団スチームパンク・マッシュアップ・リミックスを企画し、「ダイハードテイルズ出版局」に送りつけた。