部下の能力を引き出し、業績を高める
[実践]「成果目標管理」の進め方コース

  • 見本ページ1

    テキストの見本をPDFデータでご覧いただけます。
  • 添削問題見本

    添削問題の見本を画像データでご覧いただけます。

Get Adobe Reader『見本ページ』をご覧になるにはAcrobatReaderが必要です。
予めご用意ください。

対象 管理者
受講期間 3カ月
教材構成 テキスト3冊・添削3回(記述式1回・マークシート式2回)
一般受講料 本体 19,000円 +税
特別受講料 本体 18,000円 +税
※ガイドブックや制度受講などを前提とした法人様からのお申し込みの場合、特別受講料を適用させていただきます。
監修 川上真史(ワトソンワイアット ワールドワイド・コンサルタント)
執筆講師 同上

この商品のねらい

成果主義、能力主義時代に対応したこれからの「目標管理」の考え方、進め方を具体的、実践的に理解できます。

この商品の特徴

1)各項目が3ポイントでわかりやすく整理されており、短時間で理解できます。
2)人事考課に連動した「成果目標管理」の進め方を事例を通してマスターできます。
3)実際に職場で運用する際に遭遇するさまざまな問題の解決手法を具体的に学べます。

学習の内容と流れ

【1】職場に活力を生み出す成果目標管理

(1)これからの仕事の進め方
 ・仕事に対する評価が変わる
 ・マネジメントに対する意識が変わる
 ・成果主義と結果主義 ほか

(2)成果目標管理による仕事の管理
 ・成果目標管理と従来の目標管理
 ・目標管理の正確な意味
 ・マネジメントとは ほか

(3)成果目標管理のポイント
 ・1年先を予測した成果目標の設定
 ・成果目標管理は日常業務
 ・重要な仕事を目標化する
 ・長期的な成果の目標設定 ほか

(4)目標設定のための事前準備
 ・目標設定の準備
 ・仕事の役割を明確にする
 ・仕事の役割を分析する際の留意点
 ・縦横の仕事の役割を分析・整理する ほか

(5)継続的に成果目標を達成するポイント
 ・常に成果を上げる人
 ・目標達成行動の確認
 ・成果行動とは
 ・成果行動の種類
 ・成果行動の具体性 ほか

===== レポート提出 =====

【2】成果目標管理の導入方法

(1)成果目標の設定
 ・成果目標とは
 ・成果目標における指標
 ・成果目標の水準
 ・成果目標の具体的な設定
 ・抽象的な成果目標 ほか

(2)目標設定時の留意点
 ・成果目標のチェックポイント
 ・納得のできる評価を目指した成果目標
 ・成果目標は“IF”で設定しない ほか

(3)目標設定のための面談の進め方
 ・成果目標設定面談の目的
 ・成果目標設定面談における議論
 ・部下との「ズレ」を防ぐ
 ・不満の多い部下との面談 ほか

(4)目標の正確な評価方法
 ・成果目標の評価方法
 ・本人以外の人が取り組んだ場合
 ・プロセス上で問題が発生した場合 ほか

(5)評価結果のフィードバックの仕方
 ・評価面談の目的
 ・評価面談のプロセス
 ・事実を再確認するインタビュー
 ・評価面談における部下の抵抗 ほか

===== レポート提出 =====

【3】事例で学ぶ進め方の実際

  CASE1  成果目標管理の導入発表
  CASE2  森本君の設定した成果目標~営業編~
  CASE3  川原さんの設定した成果目標~事務編~
  CASE4  奥村君との成果目標設定面談~営業編~
  CASE5  川原さんとの成果目標設定面談~事務編~
  CASE6  森本君への中間レビュー~営業編~
  CASE7  森本君の成果目標評価~営業編~
  CASE8  川原さんの成果目標評価~事務編~
  CASE9  川原さんとの評価面談~事務編~
  CASE10 森本君との評価面談~営業編~
  成果目標の実践に向けて

===== レポート提出 =====

修了証発行