心のケアで成果が変わる
職場のメンタルへルス実践コース

  • 見本ページ1

    テキストの見本をPDFデータでご覧いただけます。
  • 添削問題見本

    添削問題の見本を画像データでご覧いただけます。

Get Adobe Reader『見本ページ』をご覧になるにはAcrobatReaderが必要です。
予めご用意ください。

対象 管理者全般
受講期間 2カ月
教材構成 テキスト2冊・添削2回(記述式1回・マークシート式1回)
一般受講料 本体 16,600円 +税
特別受講料 本体 15,600円 +税
※ガイドブックや制度受講などを前提とした法人様からのお申し込みの場合、特別受講料を適用させていただきます。
監修 桂 戴作(LCCストレス医学研究所 所長)
執筆講師 同上

この商品のねらい

ストレスフルな現代では、メンタルヘルスにより、仕事の能率や成果が大きく変わります。本講座は、管理者の方々に、部下や周りの人の“心の健康状態”を知り、どのようにメンタルマネジメントを行っていけばよいのかをケースをもとに学んでいただきます。同時に、管理者自身のストレスコントロールも学習していきます。

この商品の特徴

1)さまざまな症例をあげているので、職場で起きる多様なケースに対応できます。
2)部下への声かけの方法などを豊富に掲載しているので、実践的に学習できます。
3)ストレスチェックリストなどでストレス度をはかり、管理者自身もストレスコントロールができるようになります。

学習の内容と流れ

【1】ストレスと心のケア編

(1)ストレスというもの
  ストレスの正体/体より神経の疲労が大きい現代/ストレスには程度の差がある/職場のストレス度チェックリスト/管理職は快適な職場環境を作っていく主役

(2)心に現れるストレス1(元気がなくなってきた)
 〈CASE1〉話しかけてもすぐに返事が返ってこなくなった(軽度うつ病)
 〈CASE2〉これ以上この上司の下では働けない(うつ病)
 〈CASE3〉頭痛、肩こり、倦怠感そして不眠が続く(仮面うつ病)
 〈CASE4〉心臓が気になって仕事ができない(心臓神経症)

(3)心に現れるストレス2(感情が高ぶりイライラしている)
 〈CASE5〉仕事をしない上司が来てから体調がおかしくなった(自律神経失調症)
 〈CASE6〉とにかくイライラしてどうしようもない(更年期障害)
 〈CASE7〉冷蔵庫にあるものをめったやたらと食べてしまう(摂食障害)

(4)心に現れるストレス3(勤務態度が変わってきた)
 〈CASE8〉OA機器になじめず、会社へ行きたくとも行けない(出社不能症)
 〈CASE9〉いつまでもグズグズしていて帰宅しない(帰宅不能症)
 〈CASE10〉二日酔いでの遅刻が多くなった(アルコール依存症)

(5)心に現れるストレス4(もう病的だ)
 〈CASE11〉優秀なSEにもかかわらず簡単な数式も頭に浮かばなくなった(燃えつき症候群)
 〈CASE12〉仕事も家庭も子育ても、そのうえ趣味も…(スーパーウーマンシンドローム)

===== レポート提出 =====

【2】ストレスマネジメント編

(1)体に現れるストレス1(胃腸の具合が悪くなった)
 〈CASE1〉通勤電車に乗ると便意が起きる(過敏性腸症候群)
 〈CASE2〉新任の仕事ミスが重なり胃がキリキリ痛む(ストレス潰瘍)
 〈CASE3〉彼氏に想いを打ち明けられずにお腹の具合が悪くなった(ガス症候群)

(2)体に現れるストレス2(血圧・心臓や呼吸に異常が起きている)  
 〈CASE4〉大事な交渉事の前になると血圧が急に上がる(動揺性高血圧症)
 〈CASE5〉発作的に頻脈になり不安感が襲ってくる(発作性頻拍症)
 〈CASE6〉仕事中、突然にひきつけを起こした(過換気症候群)

(3)体に現れるストレス3(頭痛がしたり、じんま疹が出る)
 〈CASE7〉定例の会議になると頭が痛くなる(片頭痛)
 〈CASE8〉結婚話が思うように進まず顎が痛む(顎関節症)
 〈CASE9〉未熟性格のために普通のストレスも過重になる(じんま疹)

(4)職場のストレスをどうマネジメントしていくか
  職場のストレス発生源を知っておこう/メンタルヘルス・マネジメントの進め方

(5)欠かせない管理者自身のセルフケア
  あなたのストレス度をチェックしてみよう/自分のタイプを知ってストレスに対処しよう/ストレスにこう対処しよう/簡単にできて効果抜群のストレス解消法

===== レポート提出 =====

修了証発行