「新会社法」対応!これならわかる!親切・丁寧な解説で数字を克服
[新版]会社の数字入門コース

  • 見本ページ1

    テキストの見本をPDFデータでご覧いただけます。
  • 添削問題見本

    添削問題の見本を画像データでご覧いただけます。

Get Adobe Reader『見本ページ』をご覧になるにはAcrobatReaderが必要です。
予めご用意ください。

対象 新入・若手~中堅社員
受講期間 2カ月
教材構成 テキスト2冊・添削2回(マークシート式)
一般受講料 本体 10,000円 +税
特別受講料 本体 9,000円 +税
※ガイドブックや制度受講などを前提とした法人様からのお申し込みの場合、特別受講料を適用させていただきます。
監修 石島洋一(石島公認会計士事務所所長)
執筆講師 同上

この商品のねらい

会社の中でよく使われる数字の仕組みを学ぶことにより、経営上重要な数字の見方・読み方・意味が理解できます。

この商品の特徴

1)会社生活の中でよく使われる身近な数字を事例を交えて解説します。
2)重要なポイントには図解を多用し、理解を助けます。
3)数字に関する疑問や身近な例をケースの中から学ぶことができます。

学習の内容と流れ

【1】これだけは押さえたい仕事の数字

(プロローグ)会社の儲けと数字

(1)知らないと大混乱の売上数字
 ・値段はどうやってつけるのだろう?
 ・いつ売上げになるのだろう?
 ・粗利益の計算ってどうするのだろう?
 ・棚卸しって何?
 ・棚卸商品の価格はこうして決める

(2)だから大切な商品管理の数字
 ・在庫商品にもコストがかかる
 ・適正在庫ってどのくらい?
 ・品切れになったらどうなるの?
 ・棚卸しはなぜやるの?
 ・商品管理ってどうやるの?

(3)知らなきゃ損する営業関係の数字
 ・現金取引と掛け売りはどう違う?
 ・交際費にはなぜうるさいか
 ・1時間あたりの給料ってどのくらい?
 ・1時間あたりいくら稼げばいいんだろう?

(4)ぜひとも知っておきたい計画の数字
 ・売上計画はどうやってつくるの?
 ・在庫計画は売上計画に応じて
 ・仕入計画も売上計画と結びついている

===== レポート提出 =====

【2】知らないとソンする決算書

(プロローグ)決算書ってなんだ

(1)まずは損益計算書
 ・売上総利益って何だろう?
 ・売上高総利益率って何?
 ・いろいろある経費
 ・営業利益ってどんなもの?
 ・経常利益、当期純利益って何?

(2)会社の財産・借金っていくら―貸借対照表
 ・なぜバランスシートと呼ばれるか
 ・会社の「資産」について考える
 ・負債にはどんなものがあるか
 ・純資産って何?

(3)収益性のよしあしは何でわかるの
 ・投資に対する利益率
 ・資本利益率の「資本」って何?
 ・損益計算書を見直そう
 ・投資額は大きすぎないだろうか
 ・貸借対照表だけからわかること

(4)純利益が出るかどうかの分かれ目
 ・どうやるの? 損益分岐点売上高の計算
 ・費用には固定費と変動費がある
 ・目標利益を達成するためには?

===== レポート提出 =====

修了証発行