災害ゼロの職場をめざして!
安全活動の基本と急所がわかるコース

  • 見本ページ1

    テキストの見本をPDFデータでご覧いただけます。
  • 添削問題見本

    添削問題の見本を画像データでご覧いただけます。

Get Adobe Reader『見本ページ』をご覧になるにはAcrobatReaderが必要です。
予めご用意ください。

対象 社員全般(特に新入・若手社員)
受講期間 1カ月
教材構成 テキスト1冊・添削1回(マークシート式)
一般受講料 本体 9,600円 +税
特別受講料 本体 8,600円 +税
※ガイドブックや制度受講などを前提とした法人様からのお申し込みの場合、特別受講料を適用させていただきます。
監修 荒井喜久男(厚生労働省大阪産業安全技術館解説員/大阪安全衛生教育センター講師)
太郎良譲二((株)PRC代表取締役/産業視聴覚教育コンサルタント)
執筆講師 同上

この商品のねらい

労働災害防止に対する安全意識の高揚と、災害を防止する一員としての自覚喚起をねらいとします。

この商品の特徴

1)安全のスペシャリストが災害防止のポイントを的確に解説します。
2)イラストをまじえた具体的な事例を取り上げているので、臨場感を持って学習できます。
3)職場で実施される安全作業教育のフォローアップ教材として活用できます。

学習の内容と流れ

【1】職場の安全衛生とは
 ・労働災害と労働安全衛生
 ・最近の労働災害の問題点と防止対策の方向性
 ・安全第一
 ・労働災害の発生のしくみ

【2】職場の安全衛生管理とは
 ・労働安全衛生法とは
 ・安全管理体制
 ・安全衛生教育

【3】安全衛生対策の原則
 ・安全衛生対策の原則を理解しよう
 ・リスクの排除と低減の措置

【4】具体的な災害防止策を考えてみよう
 【こんな災害があった】
 1.スクリューに指が巻き込まれた
 2.刃の調整中、突然、機械が作動
 3.安全装置が設置されているのに
 4.携帯用丸のこで脚を切断
 5.プレスの金型調整作業で死亡災害
 6.フォークリフトの危険運転で下敷きに
 7.有機溶剤による中毒

【5】安全衛生の基本を習得しよう
 ・整理整頓
 ・作業手順
 ・安全衛生保護具
 ・緊急時の措置と救急法

===== レポート提出 =====

修了証発行