新会社法対応! B/S・P/Lからキャッシュフロー分析まで
[改訂版]会社の経営数字マスタ-コ-ス

  • 見本ページ1

    テキストの見本をPDFデータでご覧いただけます。
  • 添削問題見本

    添削問題の見本を画像データでご覧いただけます。

Get Adobe Reader『見本ページ』をご覧になるにはAcrobatReaderが必要です。
予めご用意ください。

対象 管理者もしくは経理部門の社員
受講期間 3カ月
教材構成 テキスト3冊・添削3回(マークシート式)
一般受講料 本体 16,600円 +税
特別受講料 本体 15,600円 +税
※ガイドブックや制度受講などを前提とした法人様からのお申し込みの場合、特別受講料を適用させていただきます。
監修 あずさ監査法人
執筆講師 小柴義博

この商品のねらい

B/S・P/Lからキャッシュフロー分析まで、会社の経営内容を示す会計資料を読みこなし、自分の業務にどう活用するかを学びます。

この商品の特徴

1)具体的な事例や数字を用いながら、B/S・P/Lの基本とキャッシュフローをわかりやすく解説します。
2)決算書の読み方を身につけることができます。
3)経営数字を自らの業務に活用できるようになります。

学習の内容と流れ

【1】決算書を理解する

(1)財務諸表の構成と役割
 ・経営状況を示す財務諸表
 ・財務諸表の構成
 ・複式薄記による取引記録
 ・財務諸表の役割 ほか

(2)貸借対照表
 ・貸借対照表の構成
 ・当座資産
 ・棚卸資産
 ・固定資産
 ・負債
 ・純資産

(3)損益計算書
 ・損益計算書の基本的な作成基準と構成
 ・売上高(営業収益)
 ・営業費用(売上原価、販売費及び一般管理費)

(4)株主資本等変動計算書と注記表
 ・株主資本等変動計算書
 ・注記表
 ・重要な会計方針

(5)連結財務諸表
 ・連結財務諸表
 ・連結貸借対照表
 ・連結損益計算書

(6)税効果会計
 ・利益計算と課税所得計算
 ・税効果会計の対象
 ・繰延税金資産・繰延税金負債
 ・税効果会計の仕組み

(7)時価会計
 ・時価会計の概要
 ・債権の評価
 ・有価証券の評価
 ・デリバティブ取引
 ・退職給付会計

===== レポート提出 =====

【2】キャッシュフローを押さえる

(1)損益とキャッシュフローの違い
 ・資金とは
 ・現金取引と売掛金・買掛金
 ・棚卸資産
 ・設備投資と減価償却
 ・引当金

(2)資金繰表とキャッシュフロー
 ・簡単な資金繰表
 ・資金収支を考慮した資金繰表
 ・営業活動によるキャッシュフロー ほか

(3)資金運用表と資金移動表
 ・資金の運用と調達
 ・資金運用表
 ・資金移動表
 ・簡単な資金表の作り方

(4)キャッシュフローから経営状況を読む
 ・資金繰表からB/S,P/Lの妥当性をチェックする
 ・「キャッシュ・フロー計算書」をみる

===== レポート提出 =====

【3】部門運営にキャッシュフローを活かす

(1)全社的な利益とキャッシュフローの計画
 ・利益とキャッシュフロー改善のポイント
 ・投資の効率化を調べる
 ・販売戦略の策定 ほか

(2)営業部門とキャッシュフロー
 ・営業部門の業績管理と評価
 ・顧客の管理
 ・売掛債権の管理
 ・製品・商品の管理

(3)コスト管理部門とキャッシュフロー
 ・物流部門の管理
 ・製造部門の管理
 ・購買部門(資材部門)の管理
 ・開発部門の管理

(4)部門や会社の枠をこえたキャッシュフローの改善
 ・サプライチェーン・マネジメント
 ・経営システムの改革
 ・需要動向の把握
 ・サプライチェーンにおける協力体制の確立

===== レポート提出 =====

修了証発行