全社員必須!意識を高め、確実に実行する
食品業界のコンプライアンス実践コース

  • 見本ページ1

    テキストの見本をPDFデータでご覧いただけます。
  • 添削問題見本

    添削問題の見本を画像データでご覧いただけます。

Get Adobe Reader『見本ページ』をご覧になるにはAcrobatReaderが必要です。
予めご用意ください。

対象 社員全般 特に新入社員~若手社員
受講期間 1カ月
教材構成 テキスト1冊・問題集1冊・添削1回(マークシート式)
一般受講料 本体 9,000円 +税
特別受講料 本体 8,000円 +税
※ガイドブックや制度受講などを前提とした法人様からのお申し込みの場合、特別受講料を適用させていただきます。
監修 田中宏司(立教大学経済学部客員研究員)
執筆講師 同上

この商品のねらい

食品メーカーに続発する数々の不祥事や事故。いったい何が原因なのでしょうか? 本コースでは、食品現場のコンプライアンス(法令順守)は何を意味し、ねらいとしているのかを、わかりやすく解説します。

この商品の特徴

1)各章の導入部分に、マンガを展開することによって内容をスムーズに理解できます。
2)食品現場におけるコンプライアンスの重要性を理解し、意識を高めるのに有効です。
3)具体的な事例を取り上げているので、新入社員・若手社員にも学習しやすい教材内容です。

学習の内容と流れ

【序章】 コンプライアンスってなんだろう
 1.コンプライアンスの意味を知ろう
 2.コンプライアンスを実践しよう
 3.社会、コンプライアンス、会社の関係を知ろう

【1】安全な製品のために
 1.安全な原材料を使う
 2.安全を確保していく姿勢
 3.安全な製品の保管・流通・消費 ほか

【2】製品の正しい情報を伝える
 1.正確な食品表示
 2.消費者にわかりやすい食品表示
 3.不利な情報でも公表する ほか

【3】消費者の「声」を聞く
 1.消費者の「声」を受け入れる態勢
 2.消費者の「声」を製品に生かす
 3.公正な情報を公開する

【4】地球環境保護のために
 1.資源を循環利用する
 2.3R(リデュース・リユース・リサイクル)を実践する
 3.自主的に環境に取り組む会社

===== レポート提出 =====

修了証発行