上司として部下にどう対応する?!
部下を「うつ」にしない職場をつくる!
実践ですぐに使えるメンタルヘルス・ガイドライン

  • 見本ページ1

    テキストの見本をPDFデータでご覧いただけます。
  • 添削問題見本

    添削問題の見本を画像データでご覧いただけます。

Get Adobe Reader『見本ページ』をご覧になるにはAcrobatReaderが必要です。
予めご用意ください。

対象 管理・監督者
受講期間 2カ月
教材構成 テキスト1冊・添削1回(マークシート式)・「Selfマイチェック」「セルフケア・マイブック」付
一般受講料 本体 13,000円 +税
特別受講料 本体 12,000円 +税
※ガイドブックや制度受講などを前提とした法人様からのお申し込みの場合、特別受講料を適用させていただきます。
監修 渡邊雅子(産業衛生支援研究所主宰)
執筆講師 同上

この商品のねらい

部下が「うつ」になった! 上司としてあなたはどう対応しますか?
本講座は、メンタルヘルス・ガイドラインを示し、現場で判断に迷い苦悩する上司がすぐに活用できるよう構成されています。「上司としてできること、しなければならないこと」を明確にし、「うつ」を生まない、再発させない職場づくりの知識を学びます。

この商品の特徴

1)部下が「うつ」になったとき、具体的に上司として“何をしなければいけないのか”“どこまで対応すればよいのか”を法的な観点を含め解説しています。
2)実践に即した豊富なケースにより、現場をイメージしながら学習を進めることができます。
3)「Selfマイチェック」「セルフケア・マイブック」により、自らの健康状態がわかり、ストレスケア対策を行なえます。

学習の内容と流れ

【序章】メンタルヘルスの意義と重要性

(1)メンタルヘルス・マネジメントはなぜ必要なのか?
 ・部下のメンタルヘルスケアも上司の仕事
 ・法律に定められた行為~コンプライアンスの観点
 ・人的資源の確保~「新型うつ」に対処する ほか

(2)メンタルヘルス・マネジメントの法的意義
 ・メンタルヘルス対策法制化の流れ
 ・「心の健康問題で休業した労働者の復職支援の手引き」
 ・「労働者の心の健康の保持増進のための指針」(新メンタルヘルス指針)
 ・「労働契約法」の安全配慮義務(健康配慮義務) ほか

【第1章】「うつ病」を生まない職場環境づくり(一次予防)

(1)コミュニケーションで「うつ病」を防ぐ
 ・「あいさつ」で変化に気づき「声がけ」で確認する
 ・適切な評価で相手を認める
 ・相手が聴いてほしいことを聴く

(2)定期健康診断・超過勤務対策で「うつ病」を予防する
 ・定期健康診断の役割
 ・超過勤務対策

(3)上司としてのかかわり方
 ・自分にゆとりがない時の対応
 ・「じゃ、飲みに行こう」はNG
 ・私的携帯電話・メールでの対応は要注意

【第2章】「うつ病」を悪化させない職場対応(二次予防)

(1)「うつ病」を悪化させない早期発見とは
 ・心の病も「早期発見・早期治療」
 ・「いつもと違う」部下の変化に気づく ほか

(2)不調の原因をつかむ
 ・声をかけて話を聴き、不調の原因をつかむ
 ・管理監督者へのつなげ方

(3)メンタルヘルス・マネジメントの留意点
 ・「それって『うつ』じゃないの」は禁句
 ・不調者の背後には家族がいる ほか

【第3章】「うつ病」を再発させない職場復帰支援(三次予防)

(1)長期休職中に上司ができること
 ・安心して休める環境をつくる
 ・休職にあたっての家族対応のポイント ほか

(2)再発させない職場復帰支援
 ・心の病は「治癒」ではなく「寛解」である
 ・メンタル不調者は自信を失い、焦りと不安の中にいる

(3)復職復帰支援の流れ
 ・試し出勤制度とは
 ・復職支援で人事労務責任者、管理監督者が配慮すべきこと ほか

===== レポート提出 =====

修了証発行