アイデア・着眼点・創造力がどんどん湧いてくる
『考える道具』で発想力を高めるコース

  • 見本ページ1

    テキストの見本をPDFデータでご覧いただけます。
  • 見本ページ2

    テキストの見本をPDFデータでご覧いただけます。
  • 添削問題見本

    添削問題の見本を画像データでご覧いただけます。

Get Adobe Reader『見本ページ』をご覧になるにはAcrobatReaderが必要です。
予めご用意ください。

対象 若手社員~リーダー
受講期間 2カ月
教材構成 テキスト2冊・添削2回(マークシート式)
一般受講料 本体 13,000円 +税
特別受講料 本体 12,000円 +税
※ガイドブックや制度受講などを前提とした法人様からのお申し込みの場合、特別受講料を適用させていただきます。
監修 吉田繁夫(SY'Sシーズ経営研究所代表・中小企業診断士)
執筆講師 同上

この商品のねらい

仕事の成果を上げる人は「考える道具」、一般的にフレームワーク(図)といわれる“武器”をもっています。
本コースでは代表的なフレームワーク(図)を取り上げ、各チャプターの「導入マンガで動機づけ→事例に学ぶ→演習問題に取り組む」学習サイクルによって、新しい仕事の進め方や思考法を習得することができます。

この商品の特徴

1)勘や経験値に頼る仕事の進め方や思考法からの脱却を図ります。
2)仕事の成果に直結する、発想力を高める思考法を具体的に解説した実践的な内容構成。
3)テキストで習得した思考法をすぐに日々の仕事に落とし込むことができます。

学習の内容と流れ

(Introduction)仕事を成功させよう
 ・「考える道具」を使う習慣を身につけよう
 ・仕事の成果を決めるものとは?
 ・「考える」とはどういうこと?

(Chapter1)考えを引き出そう 基礎編(1)
 考えを引き出すときは、どんな方法で?
 ・ツリー図を使って考えを引き出す
 ・マトリクス図を使って考えを引き出す
 ・プロセス図を使って考えを引き出す

(Chapter2)考えをまとめよう 基礎編(2)
 考えをまとめるときは、どんな方法で?
 ・ツリー図を使って考えをまとめる
 ・マトリクス図を使って考えをまとめる
 ・プロセス図を使って考えをまとめる

(Chapter3)アイデアを生み出そう 基礎編(3)
 アイデアを出すためには、どんな方法で?
 ・ツリー図を使ってアイデアを生み出す
 ・マトリクス図を使ってアイデアを生み出す

===== レポート提出 =====

(Chapter4)わかりやすく話そう 中級編(1)
 なぜ、話が伝わらないのか?
 ・ポイント説明法を使って話を組み立てる
 ・比較説明法で比べながら説明する
 ・プロセス説明法

(Chapter5)説得力のある文書をつくろう 中級編(2)
 なぜ、納得してもらえないのか?
 ・文書前提表を使って文書の前提をまとめる
 ・文書の構成を組み立てる
 ・文章と文書をつくる

(Chapter6)確実な対策を立てよう 上級編
 なぜ、成果が出ないのか?
 ・行動案を出す
 ・意思決定表を使って実行策を決める

===== レポート提出 =====

修了証発行