対策の基本からクレーム対応まで
[実践]異物混入対策コース

  • 見本ページ1

    テキストの見本をPDFデータでご覧いただけます。
  • 添削問題見本

    添削問題の見本を画像データでご覧いただけます。

Get Adobe Reader『見本ページ』をご覧になるにはAcrobatReaderが必要です。
予めご用意ください。

対象 社員全般
受講期間 3カ月
教材構成 テキスト2冊・添削2回(マークシート式)・対策ノート付き
一般受講料 本体 16,600円 +税
特別受講料 本体 15,600円 +税
※ガイドブックや制度受講などを前提とした法人様からのお申し込みの場合、特別受講料を適用させていただきます。
監修 日本生活協同組合連合会 品質管理スタッフ
イカリ消毒(株) CLT研究所
執筆講師

この商品のねらい

食品メーカーにおいて異物混入は、最大の課題であり、消費者からのクレームの第1位にもなっています。本コースでは、一般社員の方々を対象に、職場のリーダーとして、いかにパートやアルバイトを指導し、生産現場において異物混入を防止するか、また、社内システムがうまく機能するように、どう現場をサポートするかを学びます。

この商品の特徴

1)異物混入の全体像を学ぶことにより、それぞれの立場で何をしなければならないのかといった問題意識を養うことができます。
2)現場の身近な事例から異物混入対策の進め方を具体的に学ぶことができます。
3)「異物混入対策ノート」を活用することで、自分の職場における問題点を明確にし、対策を立案することができます。

学習の内容と流れ

【1】基本編

(1)異物の定義
 ・異物とは何か
 ・異物混入の影響
 ・異物の分類

(2)異物混入の実態
 ・データから見た異物の傾向
 ・クレームの実態

(3)基本的な取り組み姿勢
 ・異物混入対策の基本
 ・異物混入対策の考え方
・フードチェーンから見た異物混入対策

(4)職場環境の整備
 ・整理・整頓
 ・適正な環境の維持・管理

(5)衛生意識の高揚
 ・私物の管理
 ・毛髪の管理
 ・身だしなみ・服装の管理

(6)クレーム対応
 ・クレーム対応の基本
 ・クレーム対応の実際
 ・クレームを再発防止につなげる

===== レポート提出 =====

【2】実践編

(1)異物の調査
 ・異物の鑑定・同定
 ・現場調査
 ・対策立案

(2)原材料由来の異物対策
 ・検品・選別
 ・納入業者の管理

(3)異物混入防止のための設備
 ・金属探知機
 ・X線探知機

(4)防虫・防そ
 ・そ族・昆虫の基礎知識
 ・工場の基本要件
 ・そ族・昆虫の防除方法(1)~バリア機能~
 ・そ族・昆虫の防除方法(2)~誘引源と発生源のコントロール~
 ・そ族・昆虫の防除方法(3)~製造場内のサニタリーデザイン~

(5)混入防止対策のシステム化
 ・システム化の基本
 ・システム化の手順

〈付録〉食品工場でできる簡単な異物検査

===== レポート提出 =====

修了証発行