食品事故防止のための
食品工場の5S実践コース

  • 見本ページ1

    テキストの見本をPDFデータでご覧いただけます。
  • 添削問題見本

    添削問題の見本を画像データでご覧いただけます。

Get Adobe Reader『見本ページ』をご覧になるにはAcrobatReaderが必要です。
予めご用意ください。

対象 社員全般
受講期間 2カ月
教材構成 テキスト2冊・添削2回(マークシート式)
一般受講料 本体 16,600円 +税
特別受講料 本体 15,600円 +税
※ガイドブックや制度受講などを前提とした法人様からのお申し込みの場合、特別受講料を適用させていただきます。
監修 日本生活協同組合連合会 品質管理スタッフ
イカリ消毒(株) CLT研究所
執筆講師

この商品のねらい

従来の5Sとは全く異なるPDCAの管理サイクルを用いた「5S管理」の手法を学ぶことで、食品工場における5S本来の効果を最大限に引き出すことができます。

この商品の特徴

1)5S管理の手法で大きな効果をあげた企業の実例をケースとして取り上げています。
2)自社に応用できる多数のチェックリストを掲載しています。
3)単なるキャンペーンやスローガンとしてでなく、実際に職場で活用できる5Sの実用教材です。

学習の内容と流れ

【1】5Sから始める現場改善

(1)5S管理の目的と重要性
  1.5S管理とは
  2.異物混入と5S
  3.微生物汚染対策と5S
  4.5Sによる事故防止効果

(2)整理・整頓
  1.整理・整頓の目的と効果
  2.整理・整頓のルール化

(3)清掃・清潔
  1.清掃の目的と効果
  2.清掃の目的とポイント
  3.施設・設備の清掃と効果
  4.清掃・清潔のルールづくり

(4)躾
  1.躾の定義
  2.5S管理のシステム化 ~ルールづくり
  3.管理・監督者に必要な感性
  4.従業員に必要な感性

(5)5Sから5S管理へ
  1.5S管理とは
  2.5S管理のレイアウト

===== レポート提出 =====

【2】初期改善から維持・定着まで

(1)初期改善で学ぶ5S管理の基礎
  1.管理状態の把握
  2.現場調査

(2)初期改善の準備
  1.初期改善とは
  2.管理図面を作成すること
  3.役割分担と担当区分
  4.初期に改善するものを決める

(3)初期改善の実施
  1.問題点の提示と共有化
  2.企業トップの宣言
  3.改善計画の説明
  4.一斉清掃
  5.一斉清掃実施後の確認と結果集計
  6.フィードバック

(4)初期改善の評価と5S管理の見直し
  1.活動結果の評価
  2.管理計画への反映
  3.システム化の要件

===== レポート提出 =====

修了証発行