ケースで学ぶ21世紀の部下育成!
製造リーダーのコーチング実践コース

  • 見本ページ1

    テキストの見本をPDFデータでご覧いただけます。
  • 添削問題見本

    添削問題の見本を画像データでご覧いただけます。

Get Adobe Reader『見本ページ』をご覧になるにはAcrobatReaderが必要です。
予めご用意ください。

対象 製造部門の管理・監督者
受講期間 3カ月
教材構成 テキスト3冊・添削3回(マークシート式)
一般受講料 本体 16,000円 +税
特別受講料 本体 15,000円 +税
※ガイドブックや制度受講などを前提とした法人様からのお申し込みの場合、特別受講料を適用させていただきます。
監修 小野仁美(プロフェッショナル・コーチ/ICF認定コーチ/文部省認可(財)生涯学習開発財団認定コーチ/米国コーチユニバーシティ認定コーチ)
執筆講師 同上

この商品のねらい

従来型の部下指導は、指示命令による一方通行のマネジメントでしたが、変化の激しい現代社会においては、双方向のコミュニケーションによるコーチングのマネジメントが不可欠です。そこで本コースは、製造現場に携わるリーダーを対象に、豊富な事例を中心としてコーチングの基本と実践を学習し、そのスキルを習得します。

この商品の特徴

1)ケースとイラストでやさしく部下育成の基本が学べます。
2)コーチングの基本スキルを身につけることができます。
3)豊富なケーススタディにより実践的に理解を深めることができます

学習の内容と流れ

【1】コーチングの基本

(1)コーチングの必要性
  1.コーチングとは何か
  2.コーチの役割
  3.コーチングの考え方
  セルフチェック
  CASE 反抗的な態度をとる岡田君

(2)コーチングのポイント
  1.コーチの心構え
  2.部下の能力を引き出す
  3.コーチとしてのコミュニケーション
  4.信頼感を深めるコミュニケーション
  セルフチェック
  CASE やる気を失いかけている松坂さん

(3)コーチングの基本ステップと基本スキル
  1.コーチングの5つの基本ステップ
  2.コーチングの5つの基本スキル
  セルフチェック
  CASE 仕事に行き詰まっている田中君

===== レポート提出 =====

【2】やる気を高めるコーチング

(1)コーチングのための信頼関係づくり
  1.部下の話を遮っていないか
  2.ベテランメンバーの協力を得るには
  3.効果的な「注意」ができているか

(2)部下の能力を引き出す「承認」の力
  1.どうすれば「やる気」を伸ばせるか
  2.部下のよさを認めているか
  3.気持ちをきちんと伝えているか
  4.メンバー同士で認め合っているか

(3)ゴールに向かわせる動機づけ
  1.仕事に対する責任感を育てるには
  2.リーダーがやる気を見せているか
  3.本人の気持ちをつかんでいるか

===== レポート提出 =====

【3】能力を引き出すコーチング

(1)集団を巻き込むコーチング
  1.「協働意識」を高める働きかけをしているか
  2.メンバーの参加意欲を引き出しているか
  3.職場の安全対策は万全か
  4.相互理解を促しているか

(2)部下の能力を伸ばすテクニック
  1.部下の意見を引き出しているか
  2.現状に満足している部下を飛躍させるには
  3.学ぶ気持ちをサポートしているか

(3)次を担うリーダーを育てる
  1.部下に仕事を任せているか
  2.部下をバックアップしているか
  3.部下が育つには何が必要か

===== レポート提出 =====

修了証発行