食品業界必須の食品安全マネジメントシステム
よくわかる ISO22000入門コース

  • 見本ページ1

    テキストの見本をPDFデータでご覧いただけます。
  • 添削問題見本

    添削問題の見本を画像データでご覧いただけます。

Get Adobe Reader『見本ページ』をご覧になるにはAcrobatReaderが必要です。
予めご用意ください。

対象 社員全般
受講期間 2カ月
教材構成 テキスト2冊・添削2回(マークシート式)
一般受講料 本体 16,000円 +税
特別受講料 本体 15,000円 +税
※ガイドブックや制度受講などを前提とした法人様からのお申し込みの場合、特別受講料を適用させていただきます。
監修 池戸重信(独立行政法人 農林水産消費技術センター理事長)
執筆講師 日佐和夫(東京海洋大学大学院教授)

この商品のねらい

食品業界にかかわる国際規格であるISO22000(食品安全マネジメントシステム)のガイドラインや、基礎知識を理解し、現場でどのように実践すればよいのかを学習します。

この商品の特徴

1)ISO22000とは何か、全体像を把握し、基礎的な知識を身につけます。
2)身近な事例を用いて解説しているので、現場ですぐに実践することができます。
3)ISO22000の認証取得に取り組むとき、導入がスムーズに行えます。

学習の内容と流れ

【1】ISO22000の基本と原則

(序章)ISO22000とは何か
 ・食品安全マネジメントシステムとは
 ・ISO22000の目的
 ・社員にとって重要な「安心・安全」
 ・ISO22000マネジメントサイクルの流れ
 ・基本となるPDCA

(1)システム構築のための基本的な考え方
 ・食品安全方針の決定
 ・食品安全チームの編成
 ・社内コミュニケーションをいかにとるか
 ・不測の事態への準備及び対応
 ・記録・文書の管理

(2)安全な製品を作るための準備
 ・食品・原材料はどこから来るのか
 ・製造方法を知る
 ・最終製品・原料製品は安全なのか

(3)ハザード分析の実施
 ・HACCPプランにもとづくハザード分析
 ・トレーサビリティ(生産履歴)と欠陥商品の回収
 ・生産機械設備の保守管理と測定設備の管理

(4)ISO22000システム構築の検証と監査
 ・内部監査
 ・HACCPプラン及び前提条件プログラム(PRP)の検証
 ・食品安全マネジメントシステムの検証

(5) ISO22000審査登録制度
 ・審査登録制度とは何か
 ・リスクマネジメント
 ・ISO22000導入のステップ
 ・ISO22000導入のスケジュール
 ・ISO22000認証の今後の課題
 ・食品製造業以外のISO22000システム構築

===== レポート提出 =====

【2】現場で行うISO22000

(1)食品安全マネジメントシステムを現場で理解する
 ・食品安全方針を理解する
 ・食品安全は企業の社会的責任
 ・食品安全確保のための社員の責務とは

(2)マニュアル(標準作業手順書)を理解する
 ・マニュアルを理解する
 ・マニュアルを遵守する
 ・マニュアルと現場での作業の不具合・不都合を報告する

(3)ISO22000を支える前提条件プログラム(PRP)
 ・前提条件プログラムの概要
 ・施設・設備、機械器具の保守管理と洗浄・殺菌
 ・個人衛生の具体的内容とその意識改革
 ・個人業務から組織業務への意識変革

(4) 作業環境での一般社員の役割
 ・一般社員にとってのISO22000
 ・ISO22000にもとづく遵守事項
 ・ISO22000で仕事が変わる
 ・ISO22000での体質改善

===== レポート提出 =====

修了証発行