「日中友好」という幻想
発売日
2002年12月13日
在 庫
品切れ重版未定
判 型
新書判
ISBN
978-4-569-62516-4

「日中友好」という幻想

著者 中嶋嶺雄著 《前東京外国語大学学長》
主な著作 中国・台湾・香港』(PHP研究所)
税込価格 799円(本体価格740円)
内容 瀋陽事件で明らかになった日本の弱腰外交。国交30年の歩みを振り返りながら、政府・外務省が抱える負の体質とその落とし穴を断ずる。

日中国交樹立30周年を迎えた2002年。その華々しい友好ムードとは裏腹に、日本国内にはいまだ「嫌中感情」が根強い。瀋陽事件は日中関係の虚実をまざまざと映し出した。

 靖国参拝、歴史教科書、尖閣諸島問題など、内政干渉まがいの要求をつきつける中国と、漫然とふりまわされる日本外交。繰り返されるその構図は、実は1972年の、拙速すぎた国交正常化がもたらしたツケだったのである。

 いまこそ国交樹立の過程を回顧し、贖罪外交を続ける日本政府・外務省の姿勢を問い直す。日中関係論の第一人者にして、当時の佐藤内閣の政策立案にも関わった著者が語る真実のドラマ。

 [内容構成] プロローグ:日中三十周年で言うべきこと 第一章:「友好」の現実 第二章:拙速外交の陥穽――国交十周年からふり返る 第三章:中国の思惑――日中国交の国際的意味 第四章:日中国交の舞台裏――日本国内の要因 エピローグ:「日中友好」という名のもとに