アメリカ・イラン開戦前夜
発売日
2010年08月16日
在 庫
品切れ重版未定
判 型
新書判並製
ISBN
978-4-569-79085-5

アメリカ・イラン開戦前夜

著者 宮田律著 《静岡県立大学准教授》
主な著作 『物語 イランの歴史』(中公新書)
税込価格 792円(本体価格720円)
内容 核開発で制裁を受けたり、米国やイスラエルを挑発したりと、国際的孤立を深めるイラン。その意図は何か、内情を専門家が解説する。

イランによる核開発は国際社会の大きな問題となっている。アメリカや国連安保理は経済制裁を科し、イランは深刻な影響を被りつつある。外国からの資本がはいってこないうえに、漁夫の利を得た中国からのマネーがインフレを起こして国民生活を圧迫。石油はでるものの精製施設が整っていないため、ガソリンやジェット燃料の輸入がなくなれば、交通インフラは麻痺することになる。それでも強硬な態度を続けるのはなぜなのか?

 イスラム革命以来、イランが掲げる反米・反イスラエルのイデオロギー。体制を支える革命防衛隊と、台頭する改革派。アメリカ政治を動かすユダヤ系ロビーとネオコン。いつ戦争が起きてもおかしくないほどに対立を深めるアメリカ・イラン両国の動きを、第一人者が分析する。

 日本がイラン政策でアメリカと共同歩調をとれば、エネルギー安全保障上重要な中東諸国で築いた信頼を失う。そのとき、いかなる外交政策をとるべきか。