頁数/仕様
160ページ / 縦:17.8cm 横:13cm
初版
2015年3月
在庫
在庫あり

「感じのいい人」がしている大人の気配り

あなたの人柄は、近所づきあいや公共の場、お店などでのお客様としての態度で判断されます! どこに行っても誰に対してもカドが立たないおつきあいのコツを紹介します。
著者(肩書) 岩下宣子《現代礼法研究所代表》
主な著作 『美しい文字とマナーが身につく筆ペン字練習帳』(PHP研究所)
税込価格 1,296円 (本体価格:1,200円)
対象 一般
頁数/仕様 160ページ / 縦:17.8cm 横:13cm
初版 2015年3月

Get Adobe Reader『目次』『見本ページ』をご覧になるにはAcrobatReaderが必要です。
予めご用意ください。


■人への気配りは、自分のためにもなる

人生のほとんどの悩みは、人間関係といわれています。「人」という字は、人がおたがいに寄り添っているのを表わすように、人と人は支え合って生きています。人類が長く生き残っているのは、おたがいに支え合ってきたからともいわれています。相手の立場に立って考える思いやりの気持ちが、人類を救ってきたのかもしれませんね。
「愛とは、理解の別名なり」と言ったのはインドの哲学者で、詩人でもあるタゴール。「なぜ、この人はこのような考え方をするのだろうか」と理解することが愛なのです。
相手を理解しようと努力し、相手の立場になって考えるとき、わたしたちの脳は活性化するという説があります。日本古来のことわざにも、「情けは人のためならず、巡り巡って己が身のため」とありますね。人を思いやると“気配り”が生まれ、“気配り”ができると相手に“気遣い”ができ、“気働き”ができるようになります。
最初のうちは気配りをしたつもりでも失敗するでしょう。失敗は成長の元。失敗してもいいのです。この本で気配り、人をもてなす先人たちの知恵を学ばれて、皆様の毎日が、イキイキとしたものになることを願っています。  (「はじめに」より)

【パート1】身近な人へのちょっとした気配り
■近所のつきあい
指定日以外にゴミを出す人には角が立たない声かけを
人のうわさ話や悪口には加わらない
近所への苦情は「おたがい様」の精神で
引っ越しのあいさつは大家さんにも
引っ越し業者への心づけは1000円ほど
町内の行事に不参加のときはお詫びを
おすそわけは相手の負担にならないように
長期間留守にするときは近所の人に伝える
旅行のたびに過度におみやげを渡さない
大病院で近所の人を見かけても詮索しない
セールスやビジネスの依頼ははっきり断わる
人の年齢や職業を聞くのはマナー違反
布団たたきやバーベキューは周囲に配慮を

■ママ友
子どもを預かるときは、おやつに気をつける
子どもが夕食に招かれたらできる範囲でお礼を
他人の子どもには、なぜ悪いのかを伝えて叱る
子どもの誕生日会には手ぶらと伝えて招待
子どもの発表会には友だちの家族も招待
他人の子どもがものを壊したら親に伝える
ママ友の集まりを断わるときは、事情の説明を
長電話を切りたいときは自然な理由を伝える
友だちが来るのを断わるときは家族を理由に
子どもどうしのけんかに口をはさまない
チャイルドシートがないときは子どもを乗せない

■学校関係
学校の先生への贈り物はクラス単位で
引き受けられない役員は無理に受けない
運動会や発表会はさりげないおしゃれで
担任や学校へのクレームは相談形式で
部活動などへの差し入れは話し合いで決める

■訪問や来客
子どもの訪問を断わるときは、明確に伝える
手みやげは訪問先の近くで買わない
電話よりも玄関のチャイムを優先する
悪天候の日の来客には、タオルを用意する
靴下がぬれたら、履き替えて家に上がる
訪問先のペットが苦手なら正直に伝える
苦手なものを出されたら「食事したばかり」と言う
長居のお客様にはさりげなく帰りを促す
喫煙者が来訪するときは、換気して準備を

■贈り物
品物を受け取らない場合は手紙を添えて返送
お中元の品物が不良品だったら販売店へ
お金の貸し借りは返済期限を明確に
借金の申し込みを断わるときは、事情を説明
ものが返ってこないときは、さりげなく催促
借りたものをなくしたら、購入して返す
不幸での結婚式の欠席は、理由をあいまいに

■義理の両親
高齢者に運転をやめさせたいなら、家族で協力を
義父母の部屋の掃除は本人にまかせる

■ペット
ペットを飼うときは近所の人に伝える
屋外でのブラッシングはマナー違反
ペットのクレームは飼い主に直接しない
《もっと気配り上手に》贈り物選びのポイント

【パート2】公共の場での気配り
■乗り物
電車内では必要以上に場所をとらない
混雑した電車では、傘を体の正面に立てる
満員電車では、長い髪はまとめる
うとうとして隣の人にもたれたら謝る
子どもが泣きやまないときは、いちど下車を
指定席に他人がいたら、座席を確認してもらう
駅で困っている人がいたら声をかける

■道・街中
落とし物をした人には落としたものの名前を伝える
道案内をするときは公共物を目印に伝える
ビラは笑顔で会釈して断わる
配られているティッシュは、もらいに行ってOK
しつこいキャッチセールスは、はっきりと断わる
前を歩く人に声をかけて道を空けてもらう
服にゴミがついた人を見たら、声をかける

■エレベーター・エスカレーター
エレベーターのボタンは積極的に操作する
エスカレーターでは片側を空ける

■順番待ち
行列に並ぶときは、その場ごとのルールに従う
列に割り込まれたら、最後尾を示して指摘する

■携帯電話
相手に、電話していいか聞いてから話す
歩きながら携帯電話の画面操作をしない
人を撮影するときは相手に許可をとる

■お手洗い
トイレの順番待ち、個室ごとに並ぶのは×
混んでいたら多目的トイレを使ってOK
トイレットペーパーは三角に折らなくていい
手を洗う人には、化粧直し中でも洗面台を譲る
トイレで歯をみがくときは、周囲への配慮を

■公共浴場・更衣室
公共浴場の脱衣所では自分の髪の毛を拾う
洗い場を使い終わったらきれいにする
脱衣所から洗い場までは前を隠して歩く
更衣室や脱衣所へは体を拭いてから戻る

■病院
病院内で「ひそひそ話」はNG
《もっと気配り上手に》お祝いで渡す金額のポイント

【 パート3】お客様としての気配り
■スーパーマーケット
商品を取るときは棚の手前から
レジに並ぶとき、かごを足で押すのはNG

■レストラン
席を替えたいときはクッションになることばを添えて
コートはテーブルのそばに行く前に脱ぐ
注文とは別の料理が来ても、やさしく伝える
トイレに行くときは、料理と料理の合間に
食事のペースは同席者に合わせて
自分が支払うときには、化粧室をすすめて
クレームはお店の人にこっそり耳打ちする
落とした食器は自分で拾わない
ビュッフェでは食べる料理の順番を意識する
並べられた料理は端から取る
ビュッフェでは、皿に載せる品数に注意
同席者の分まで料理を取らない
同席者がいても列に割り込むのはNG
同席者といっしょに食べはじめる
料理を取りに何度も席を立つのは○
皿に紙ナプキンを置けば下げてもらえる
食べ終わった皿を重ねるのはマナー違反

■洋服店
棚の前に人がいたら、ひと声かけて商品を取る
案内のしつこい店員は笑顔+お礼でかわす
服を買わないときは「イメージと違った」と伝える

■ヘアサロン
美容師を変えたいとき、ほかの人にしていいか聞く
髪型が気に入らなければ具体的な指摘を
マッサージを断わるときは理由を伝えて
特定の雑誌を読みたいときは、雑誌名を伝える
美容師との会話は「ありがとう」などからスタート

■劇場・美術館
連れが遅れて来る場合は受付にチケットを預ける
コンサートで遅刻をしたら、案内係に従う
左右の肘掛けを使うときは隣の人を見て判断
映画のエンドロール中に退席するのはOK
劇場やコンサート会場での内容批判はNG
美術館などでは1か所に長く立ち止まらない
演奏や演技の最中に声を出して場を乱さない
出演者へのプレゼントは食べ物がNGのことも

■家具・家電量販店
イスの座り心地を試したいときは店員に断わる

■病院
受診するときにマニキュアや香水は×
事前に了解を得てからお見舞いに行く
介護施設訪問はスタッフと入居者への配慮を