頁数/仕様
128ページ / 縦:25.8cm 横:18.2cm
初版
2017年9月
在庫
在庫あり

美しい文字とマナーが身につく筆ペン字練習帳

筆ペン字練習帳に、祝儀袋や芳名帳、年賀状にお礼状などの書き方のマナーをプラス。日常使いの実践的な文例で練習するから、効率よく美文字をマスターすることができます。
著者(肩書) 書き方・書:根本知《大東文化大学文学部書道学科非常勤講師》
マナー監修:岩下宣子《現代礼法研究所主宰》
主な著作 岩下宣子:『お祝い・お悔やみ・特別な日のマナー』(PHP研究所)
税込価格 1,296円   (本体価格:1,200円)
対象 一般
頁数/仕様 128ページ / 縦:25.8cm 横:18.2cm
初版 2017年9月

Get Adobe Reader『目次』『見本ページ』をご覧になるにはAcrobatReaderが必要です。
予めご用意ください。


【はじめに】

筆ペンの魅力の一つに、筆圧の変化がつけられることが挙げられます。もしすべて同じ太さで書いてしまったら、それはボールペンやマーカーなどで書いているのと変わりません。筆圧に変化をつけながら、リズムよく自然に書いた文字は、受け手にもその息吹が伝わります。このやりとりこそが筆文字の醍醐味であり、「書は人なり」という、その人らしさが表れるものだと思います。
はじめは上手くいかなくとも、日々繰り返していくうちに力まずに書けるようになります。この一冊が皆さまのお役に立てれば幸いです。 根本 知

山本常朝の『葉隠れ』に「手紙は先様にいったら掛物になるような気持ちで書きなさい」とあります。私には無理なことだとずーっと思っていましたが、根本先生の分かりやすい美しい字の書き方の解説を読んで、もしかしたら私にもそんな手紙や葉書が書けるかもしれないと、手紙を書くのが楽しみになりました。
メールの無機質な字と違って、心を込めて書いた字には魂があります。この本で手紙を書く楽しさを知って、色々な方とご縁を結んでいただけるよう念じております。 岩下宣子

【1章】美しい文字を書くための基本
・筆ペンの種類と持ち方
・美しい文字を書くための基本
・美しい文字を書くためのメソッド
・線を引く練習
・ひらがなの練習
・カタカナの練習

【2章】マナーも身につく 筆ペン字練習
◆祝儀袋・不祝儀袋
祝儀袋・不祝儀袋の使い方
文字の練習
〈コラム〉金額の目安は?

◆芳名帳
名前の練習

◆封書・はがき・一筆箋
宛名・宛先・差出人の書き方
文字の練習
文章の基本
文字の練習
〈コラム〉頭語と結語の組み合わせ一覧

◆年賀状
文字の練習

◆年賀欠礼状
文字の練習

◆寒中見舞い
文字の練習

◆暑中・残暑見舞い
文字の練習

◆お礼状
文字の練習

◆入学・就職祝い
文字の練習

◆結婚祝い
文字の練習
招待状の返信

◆出産祝い
文字の練習

◆長寿祝い
文字の練習

◆お見舞い状
文字の練習

◆お悔やみ状
文字の練習

※使える文例練習