頁数/仕様
128ページ / 縦:21cm 横:14.8cm
初版
2018年9月
在庫
在庫あり

緑内障は目の周りを10 秒押すだけで改善する!

緑内障をはじめとする目の病気の原因は、血流のよどみ。「ジワ~ッ・パッ」の10秒押圧(おうあつ)で、目の血流がみるみる改善。白内障、加齢黄斑変性症などにも効果があります。
著者(肩書) 山口康三《回生眼科院長》
【PART2】手技監修者:大杉幸毅《大杉治療院院長》
主な著作 『10秒顔さすりで老眼、近視、緑内障はよくなる』(主婦の友社)
税込価格 1,296円   (本体価格:1,200円)
対象 一般
頁数/仕様 128ページ / 縦:21cm 横:14.8cm
初版 2018年9月

Get Adobe Reader『目次』『見本ページ』をご覧になるにはAcrobatReaderが必要です。
予めご用意ください。


現代日本人の食生活の乱れは、目に余るものがあります。動物性食品、加工食品、インスタント食品を多食する食生活の欧米化が、肥満、糖尿病などの生活習慣病の急増をもたらしていることは間違いありません。そして、目の病気も同じように、緑内障、加齢黄斑変性症、糖尿病網膜症などが急増しています。
これに対して、病気を予防し、また、病気を得ても元気に長生きできるような理想的な目の状態を実現する「知恵」が必要です。現代は、知識が簡単に手に入る時代です。しかし、その知識が「知恵」になるとは限りません。
私たちの身体はよく高級車にたとえられます。その高級車を上手にメンテナンスして乗りこなすことが、理想的な一生です。しかし、多くの人はマニュアルを読まずに運転していると言えます。質の悪いガソリンや燃料にならないものを燃料タンクに入れれば、すぐに壊れてしまうでしょう。また、乗って動かさなければバッテリーがあがってしまったり、動きが悪くなったりするでしょう。反対に、乗りすぎれば早くエンジンが壊れるかもしれません。
人間の身体も高級車と同じように、定期的な交換と修繕をしてメンテナンスしています。赤血球は4カ月で交換、小腸の栄養吸収細胞はわずか数日で交換しています。また、遺伝子は壊れないように常に修繕されています。そして、ケガや骨折をすれば1日も早く治そうとします。
ところが、一生の間にそのメンテナンスに使える費用(生命エネルギー)は決まっているのです。使いすぎれば、すぐなくなってしまい、使い渋ればすぐ壊れるかもしれません。車体表面のメンテナンスばかりに費用を使えば、エンジンが早く傷むかもしれません。バランスが大切です。目の病気に関しても、単一の原因によると考えるよりも、身体全体を綜合的に見るほうが論理的であり、かつ、大切です。
理想的な目の状態をもたらす生き方とは、どのようなものでしょうか? それは、食事、運動、心、睡眠などの状態を改善して、身体全体の健康をバランスよく保ち、過度や過少にならない生き方にあると考えます。
そのバランスのよい生き方の「知恵」を、本書で学んでいただきたいと存じます。  (「はじめに」より)

【PART1】緑内障の知識と予防・改善
■緑内障の患者数は7倍に増えている!
・約400万人が緑内障
・緑内障に気づかない理由
・緑内障は神経障害
・眼圧が正常でも発症する
・緑内障の一般的な治療法
・眼圧を上げる原因
■緑内障は、こうして防ぐ・改善する
・緑内障の予防、改善のポイント
・血流をよくすれば予防、改善できる

【PART2】目の周りを10秒押すだけで 緑内障を予防・改善
・目の血流アップに効く「ジワ~ッ・パッ」
・清潔な手で行ないましょう
・目全体の血流アップ
・目の上の血流アップ
・目の下の血流アップ
・まぶたの血流アップ
・こめかみの血流アップ
・耳のうしろの血流アップ
・ぼんのくぼの両脇の血流アップ
・首の横の血流アップ
・首のうしろの血流アップ
・肩の血流アップ

【PART3】緑内障を予防・改善する「運動」と「食事」の習慣
■歩くと、どうして目によいのでしょう?
・血流がよくなる
・心身のストレスを解消する
・免疫力が高まる
・目の血流量が増加する
・眼底がきれいになる
・水分代謝がよくなる
■やってみましょう! 血液にごり取りウォーキング
・ゆったりと散歩ペースで歩く
・1日1万3000歩を3~4回に分けて歩く
・仕事で歩く人は、あと少しプラスするだけでOK
・ショッピングセンターや地下街をウォーキングコースに
・習慣になると、さらに歩きたくなる
■全身運動で目の血流を整える
・西式健康法の運動療法
・毎日の中国基本体操
■少食のすすめ
・食事療法を取り入れましょう
・どうして少食がよいのでしょう?
・スモールステップで少食を実践しましょう
■腸を整えましょう
・脳と腸は密接な関係
・善玉菌を増やしましょう

【PART4】緑内障を予防・改善する「心」の習慣
■常に前向きでいて、希望と生きがいを持ちましょう
・心と身体はひとつ
・心の持ち方でストレスも乗り切れる
■ストレスは身体にいい?!
・ストレスと感じるか、感じないかは、体調による
・ストレスは免疫力を低下させる
・ストレスは溜めない
■規則正しい睡眠がいちばん
・早寝のすすめ
・早く寝るほど短時間で疲労回復
・睡眠を妨げるカフェイン
■口呼吸をやめれば健康になれる
・睡眠の質を悪くする口呼吸
・緑内障の悪化防止
・サージカルテープを利用する

【PART5】知っておきたい目の病気
■目の病気、未病が増えている
・超高齢社会の到来とライフスタイルの大きな変化
・生活習慣がもたらす病気の数々
・目の病気も「生活習慣病」
■日ごろから目をケアしましょう
・目の周りにはなるべく触れない
・受診のときに注意すること
■気になる症状をチェックしてみましょう
・こんな症状はすぐに眼科へ
・発見が遅れないようにセルフチェック
■目のしくみを知りましょう
・目の構造
■知っておきたい目の病気
・白内障
・加齢黄斑変性症
・糖尿病網膜症
・眼底出血
・中心性網膜炎
・結膜下出血
・ドライアイ
■目の病気の基本的な予防・改善・治療法
・白内障
・加齢黄斑変性症
・糖尿病網膜症
・眼底出血
・中心性網膜炎
・結膜下出血
・ドライアイ
■さまざまな症状は“目の生活習慣病”が原因
・現代人は目を酷使しすぎている
・目は身体の不調の影響を受けやすい器官