【パネル額】松下幸之助 真のサービス

増産中

【パネル額】松下幸之助 真のサービス

執筆/監修 [制作・著作]PHP研究所
税込価格 27,000円(本体価格 25,000円)
判 型 【額入り】たて46.3cm×よこ73.3cm

松下幸之助が常に心掛けていたサービスとは――。

私たちは何のためにサービスをするのでしょうか。もちろんお客様に商品を買っていただくことが目的の一つに違いありません。しかし、ただ売らんがためにするというのでは配慮が行き届いた良いサービスになりにくく、お客様からすれば、買う喜びや満足感が半減してしまいます。いきおいそうした考えで行なうサービスは、結局のところ値段の駆け引きに陥りがちで、適正な利益を確保することが難しくなるばかりです。やはり心のこもった、お客様に喜んでいただけるサービスこそお互いが追及すべきものです。特に近年のように商品の差別化が難しい時代には、お客様と心と心を通わすサービスはますます重要になってきているといえましょう。
松下幸之助が生涯心がけていたのもそうしたサービスでした。

「真のサービス」
商売にはサービスがつきものである。サービスをともなわぬ商売は、もはや商売ではない。
その意味においては、サービスは商売人にとっての一つの義務とも言える。
しかし、これを単なる義務としてのみ受けとり、仕方なしにやむを得ずやっているとしたら、これほど疲れることはない。
こちらが疲れるだけでなく、お客にもその“仕方なさ”が自然に通ってしまう。
サービスは相手を喜ばせるものであり、そしてまたこちらにも喜びが生まれてこなければならないものである。
喜び喜ばれる姿のなかにこそ真のサービスがあると言えよう。

備考 ※本商品は受注生産となります。ご注文受付後、約一カ月でお届けいたします。