ちょっと見!特集

<特集インタビュー>

行動する花となれ

モデル 知花くららさん
取材・文/福島直子



天性の魅力と実力があって羨ましい。運も強そう。
そんな印象をもたれることが多い。
しかし、実際の知花くららさんは――。

 受験生だった数年前、私はセンター試験の解答欄に、答えをひとつずつずらして記入してしまうという初歩的なミスをおかしました。
 気づいたのは、試験終了のチャイムが鳴った瞬間。”よりによって人生を左右するいちばん大事なときに!“と自分を呪いたい気持ちでいっぱいでしたが、そんなときでも決して運のせいにはしませんでした。”自分のおっちょこちょいな性格をイヤというほど自覚できて、むしろラッキー。もしここで気づけなかったら、この先、もっともっと大きな失敗をしていたかも“。そう思ったのを今でも覚えています。
 運というのはあくまでも主観的なもので、強いか弱いかは自らの気の持ちようなのではないでしょうか。
 ミス・ユニバースの日本代表に選ばれてから世界大会に出場するまでの間、ナショナルディレクターであるイネスから多くのことを学びました。
 特に何度も繰り返し言われ続けたのは「ビッグ・ピクチャーを持ちなさい」という言葉。要するに、目先のことだけに捕らわれず、将来をイメージして常に上を見ながら努力し続けなさい、ということです。

【つづきは『PHPスペシャル』2月号誌面でお読みください】

このページのトップへ