雑誌衆知 - 経営・マネジメント誌

The success of Konosuke Matsushita, who founded Panasonic Corporation and nurtured it into a world-renowned company within his lifetime, was much dependent on “collective wisdom” --- gathering knowledge and insights from many others. PHP Institute, now commemorating the 70th anniversary of its founding by Mr. Matsushita in 1946, has launched a new periodical, “Shuchi” (Japanese for “The Wisdom of the Many”).

すべての人の知恵があますところなく融合され、それが真の衆知として生かされるときに、人間に与えられた天命は、はじめて生き生きと発揮される。大なる知恵も小なる知恵も、すぐれた知恵も劣れる知恵も、すべて自由に平等に、何のさまたげも受けずして融合され活用されるとき、衆知はその社会を支配する叡知となる…… 松下幸之助

コンセプト

Concept

衆知 表紙

経営者・リーダーのためのマネジメント誌『衆知』

構想力、実現力、人材育成力、人間力……。
松下幸之助の哲学を学びつつ、現代に活躍する一流執筆陣の実体験に裏付けられたメッセージから成功原則を読み解く経営・マネジメント誌

衆知を集めた全員経営を

今日、経営を取り巻く環境は大きな変化を遂げ、その変転はますます予断を許さないものになろうとしています。しかし、いついかなる時代でも、変転変化は避けて通れるものではありません。

戦前戦後の激動に身を置いた松下幸之助は変転変化に際して、周りの人々の知恵を集めて、すなわち「衆知」をもって対処しようとしました。

これまで、本誌の前身となる『PHP松下幸之助塾』では、経営理念の探求と実践を掲げて編集してまいりましたが、PHP研究所創設70周年を迎えましたのを機に、「衆知」を軸として編集方針をさらに深化発展させていく所存です。

現場における実践によりいっそう重きを置き、みなさまとともに「正しい経営」を実現するための知恵を求めていきたいと強く願っております。

雑誌衆知 見どころ 特集:攻勢に転じる

最新号のご案内

Guidance of the latest issue

衆知 2021年 11-12月号 表紙

衆知 11-12月号

発売日:2021年10月27日
価格(税込):1,100円

今号の読みどころ

2021年11-12月号巻頭対談は、江崎グリコの江崎勝久社長をゲストに迎え、創業100周年に向けた想いと新たな挑戦について、パナソニック松下正幸特別顧問と語り合います。お菓子メーカーから脱皮し、健康分野で世界に認められる食品企業を目指す上での、創業精神の継承と実践についてうかがいます。

特集「心を通わす経営」では、コロナ禍で不安や不満が広がる中、事業活動に対する姿勢を見つめ直し、顧客や社員、地域社会の人々との心の通い合いを深めるための考え方と取り組みを探ります。現代の暮らしに合った工芸品の製造販売を手がける中川政七商店。商品を通じてのファンづくりをはじめ、「日本の工芸を元気にする!」のビジョンにもとづく「産業観光」の取り組みなど、心をとらえるものづくりやブランド構築の考え方を中川政七会長にうかがいます。また、社員やフランチャイズオーナーと一体となった改革によって様々な危機を乗り越えてきたモスフードサービス。顧客や地域社会とのつながりを大切にする創業精神と、次なる成長を目指す経営戦略を中村栄輔社長に語っていただきます。そして、年々着実な成長を遂げる「年輪経営」で広く知られる長野県の寒天メーカー・伊那食品工業。ニーズをとらえる商品づくりや、社員や地域の人々の幸せを追求する理念など、コロナ禍での実践について塚越英弘社長にうかがいます。

シリーズ「実践『自主責任経営』」では、経営共創基盤グループの冨山和彦会長に、企業変革が求められるCX時代のリーダーシップについてうかがいます。「『全員参加経営』実践のヒント」では、京セラ創業者の稲盛和夫氏が生み出した、人と組織の経営力を高める「アメーバ経営」の実践例を紹介。さらに、いくつもの難事業を奇跡的な成功へと導いてきたJR九州・唐池恒二会長の挑戦の軌跡を辿る「経営者の履歴書」なども必読です。

CONTENTS

PHP言志録

丹田呼吸と立腰で腹を据える
横田南嶺(臨済宗円覚寺派管長)

松下正幸の「志」対談

創業精神を貫き、世界で愛されるグリコを目指す
――創業100周年に向けた想いと新たな挑戦
江崎勝久(江崎グリコ社長)× 松下正幸(パナソニック特別顧問、PHP研究所会長)

特集 心を通わす経営

産地の魅力を引き出し“物語”を伝える
――「日本の工芸を元気にする!」というビジョンの実践
中川政七(中川政七商店会長)
お客様や地域社会との結びつきを深め、社会に貢献する
――危機をチャンスに変えるためのモスの変革と挑戦
中村栄輔(モスフードサービス社長)
コロナ禍でも年輪経営で幸せを追求する
――「安心・安全」と喜びを届け続ける経営実践
塚越英弘(伊那食品工業社長)

実践「自主責任経営」

今こそみずから覚醒し危機に強いリーダーに
――CX時代に求められるリーダーシップと覚悟
冨山和彦(経営共創基盤グループ会長)

特別企画

社員の健康を追求し、お客様に笑顔を届ける
北野忠男(えがお社長)

経営者の履歴書

奇跡を生んだ経営者・唐池恒二③
染川宣大(編集者、ジャーナリスト)

特別企画

“一隅を照らす生き方”を今に伝える
――コロナ禍を越えて広がる伝教大師の教え
阿部昌宏(天台宗宗務総長)

「全員参加経営」実践のヒント

経営者意識を育み、危機に強い組織に変革
平尾隆志(フジアルテ社長)

経営者のための〈良い会社〉塾

社員との課題共有が経営改善の後押しに
――講座修了者に話を聞く
石橋常行(鷲見製材・ひだまりほーむ社長)

リモート時代の理念と経営

会社の存在意義に向き合っているか
――「本気」が問われる経営者の姿勢
鈴木智気(金沢大学専任講師)

松下幸之助経営塾

【開講10周年記念 リモート放談】
コロナ禍を通して介護事業の使命を考える
――課題解決に向けた私たちの理念共有と実践
新庄一範さん(ニューワンズ社長)× 藤本友香さん(愛ライフ社長)× 櫻井 均さん(いきいき取締役)
塾生通信 日に新た
 
PHP友の会通信
 

Business Skill Review

CSRとSDGsの連携
世界がずっと笑顔でいられるために
新田香子(アデランスグループCSR広報室長)
ビジネスマンのための心を支える禅の知恵
言葉にだまされるな!――「水の中にある蓮の花」
笠倉健司(有徳経営研究所代表)
人財開発 実践のポイント
異動になるメンバーを「人生の栄転」に導く
山本実之(大手食品メーカー・グループ企業社長)

連載

松下幸之助と孫正義に学んだ最強の経営学
見えない価値を見る力
嶋 聡(経営評論家、元ソフトバンク社長室長)
連載小説
空の如く、海の如く
松下隆一(作家、脚本家)
一流のビジネスリーダーが大切にしていること
組織内に安心感を生み出し業績向上につなげる
山﨑武也(インタナショナル・アイ社長)
衆知実践ワークシート

年間購読のご案内

Guidance of annual subscription

年間購読のお申込みは現在、承っておりません

このページのTOPへ