衆知【2017年7・8月号】特集「先見力を磨く」

在庫あり

衆知【2017年7・8月号】特集「先見力を磨く」

  • 目次

    本書の目次などを、パンフレットのPDFデータでご覧いただけます。

Get Adobe Reader『目次』『見本ページ』をご覧になるにはAcrobatReaderが必要です。
予めご用意ください。

執筆/監修 [編]PHP研究所
税込価格 1,080円(本体価格 1,000円)
判 型 A4変型判
仕 様 並製
ページ数 96ページ

iPS細胞研究でノーベル賞に輝いた山中伸弥教授が、イノベーションを生み出す考え方を語る。先見力を磨き、新ビジネスを切り拓くリーダーたちの哲学も必読。

一流のリーダーに学び“人間力”を磨く

2017年7-8月号の巻頭は、iPS細胞の研究で2012年にノーベル生理学・医学賞を受賞した京都大学iPS細胞研究所所長・教授の山中伸弥氏と、パナソニック松下正幸副会長の特別対談。イノベーションをいかにして生み出すかをテーマに語り合います。
特集「先見力を磨く」では、世界の大きな方向性を見据え、それに向けて行動するための考え方を探ります。人材派遣という雇用形態をいち早く提案し、雇用インフラの創造をリードしてきたパソナグループの南部靖之代表には、新ビジネスを切り拓いてきた原動力とこれからの展望をうかがいます。また、みずからチーフ・イノベーターとして数々のユニークな大ヒットブランドを生み出したエステーの鈴木喬会長には、常識を破り競合他社の先を行く実践哲学を、ソフトバンクで社長室長を務め、孫正義社長と行動をともにした嶋聡氏には、大いなる構想を次々と実現する孫流経営の要諦をそれぞれ明かしていただきます。さらに、グロービス経営大学院の井上陽介氏には、先見力のメカニズムを分析し、リーダーが鍛えるべきスキルを解明していただきます。
シリーズでは、京銘菓の老舗・聖護院八ッ橋総本店の鈴鹿可奈子専務が、個性的な京都企業の経営哲学に迫る新企画がスタート。第1回は、堀場製作所の堀場厚社長に「おもしろおかしく」の理念から生み出される“強み”をうかがいます。「幸之助さんと私」では、SBIホールディングスの北尾吉孝社長に幸之助哲学の実践について語っていただきます。また、ビジネスでの実践に焦点をあてた「Business Skill Review(ビジネス・スキル・レビュー)」や連載もますます充実。作家の神渡良平氏の好評連載では、臨済宗円覚寺派管長の横田南嶺さんに、最も共感されている坂村真民さんの詩をご解説いただきます。

※年間購読(送料弊社負担)のお申し込みこちら