衆知【2018年9・10月号】特集「これからの『働き方』マネジメント」

在庫あり

衆知【2018年9・10月号】特集「これからの『働き方』マネジメント」

  • 目次

    本書の目次などを、パンフレットのPDFデータでご覧いただけます。

Get Adobe Reader『目次』『見本ページ』をご覧になるにはAcrobatReaderが必要です。
予めご用意ください。

執筆/監修 [編]PHP研究所
税込価格 1,100円(本体価格 1,000円)
判 型 A4変型判
仕 様 並製
ページ数 96ページ

働き方を変革し成果を上げている実践者の考え方と取り組みから実践のヒントを探る。独自のキャプテンシーで「なでしこ」を世界トップに導いた澤穂希さんの巻頭対談も必読。

一流のリーダーに学び“人間力”を磨く

2018年9-10月号の巻頭対談ゲストは、元サッカー日本女子代表の澤穂希さん。みずからのプレーでチームを牽引し、世界の頂点へと導いたキャプテンシーをはじめ、サッカーを通じて培われた前向きに生きるための考え方など、幅広いテーマで語り合っていただきます。
特集「これからの『働き方』マネジメント」では、形だけの改革に終わらない、経営者と働く人にとって“Win-Win”となるための考え方と実践のヒントを探ります。副業や働く時間・場所の自由な設定を認め、“究極の人事制度”を追求しているITソフト開発会社・サイボウズの青野慶久社長には、社員が自分に合った働き方で持ち味を発揮して、成果を上げる経営戦略についてうかがいます。また、700社以上の経営者を指導し、経営改善に導いている武蔵野の小山昇社長には、徹底的に無駄を省き、社員の活力を引き出す独自の実践メソッドを指南していただきます。そして、従業員の半数以上が60歳以上という高齢者雇用で業績を伸ばす岐阜県の金属加工メーカー・加藤製作所の加藤景司社長には、その効果と成功の秘訣をうかがいます。さらに、数々の企業現場で「働き方改革」に取り組むワーク・ライフバランスのパートナーコンサルタント・大塚万紀子氏には、女性活躍推進にとどまらない「ワーク」と「ライフ」の好循環づくりについて語っていただきます。
好評シリーズ「禅と武士道」では、臨済宗円覚寺派管長の横田南嶺氏と、実業家で武士道精神を追究する執行草舟氏が、日本人が大切にしてきた「怨親平等」の精神について語り合います。「京都企業が明かす『うちの経営哲学』」では、島津製作所の中本晃会長に、産学官連携で独自技術を磨き上げ、世界に貢献する経営哲学について語っていただきます。