衆知【2018年11・12月号】特集「最強の現場力」

在庫あり

衆知【2018年11・12月号】特集「最強の現場力」

  • 目次

    本書の目次などを、パンフレットのPDFデータでご覧いただけます。

Get Adobe Reader『目次』『見本ページ』をご覧になるにはAcrobatReaderが必要です。
予めご用意ください。

執筆/監修 [編]PHP研究所
税込価格 1,080円(本体価格 1,000円)
判 型 A4変型判
仕 様 並製
ページ数 96ページ

現場の力を引き出し、組織を活性化するための考え方と実践のヒントを探る。大和ハウス工業の樋口武男会長が熱く語る「創業者理念の実践」と「10兆円企業への挑戦」も必読。

一流のリーダーに学び“人間力”を磨く

2018年11-12月号の巻頭対談ゲストは、大和ハウス工業の樋口武男会長。住宅事業、建築事業をはじめ、環境エネルギー、ロボットなど様々な分野で幅広く事業を展開し、創業者・石橋信夫氏から託された10兆円企業への夢に向かって邁進する中で、創業者精神をいかに実践し、グローバル化など今後の事業展開につなげるか。松下幸之助の経営哲学にも通じるリーダーのあり方を語り合っていただきます。
特集「最強の現場力」では、現場の力を引き出し、組織を活性化するための考え方と実践のヒントを探ります。ファミリーレストラン業界で頂点を極めた後、76歳で新たにコーヒーチェーンを創業し、ファンを増やしている高倉町珈琲の横川竟会長には、お客様の満足を追求する店づくり、人づくりについてうかがいます。苦境に陥っていたメガネ業界大手メガネスーパーを徹底した現場主義で再建に導いたビジョナリーホールディングスの星﨑尚彦社長には、柔軟・迅速にみずから考えて動く組織を育て、自社の強みを鍛え上げる実践哲学を語っていただきます。そして、数々の企業の現場を訪ね、現場力の本質を追究しているローランド・ベルガー日本法人の遠藤功会長には、従来の常識を打ち破り、飛躍的な進化を遂げるための現場力について解説していただきます。
好評シリーズ「幸之助さんと私」では、紙1枚にまとめて思考整理や意思決定、コミュニケーションに活かすメソッドを開発した「1枚」ワークス社長の浅田すぐる氏が、松下幸之助の教えである「素直な心」を涵養する方法を解説。新シリーズ「1兆円企業への挑戦」では、オプトホールディングCEOの鉢嶺登氏と元ソフトバンク社長室長の嶋聡氏が、売上高1兆円を実現するための事業拡大の構想を語り合います。武蔵野社長・小山昇氏の新連載「実践ホワイト経営」も必読です。