衆知【2019年1・2月号】特集「『人生100年時代』の経営戦略」

在庫あり

衆知【2019年1・2月号】特集「『人生100年時代』の経営戦略」

  • 目次

    本書の目次などを、パンフレットのPDFデータでご覧いただけます。

Get Adobe Reader『目次』『見本ページ』をご覧になるにはAcrobatReaderが必要です。
予めご用意ください。

執筆/監修 [編]PHP研究所
税込価格 1,080円(本体価格 1,000円)
判 型 A4変型判
仕 様 並製
ページ数 96ページ

タニタ、RIZAP、ホンダ……これからの長寿社会を豊かにする事業展開の指針とは。サッカー日本代表・西野朗前監督のチームマネジメント、日本電産・永守重信会長の人材論も必読。

一流のリーダーに学び“人間力”を磨く

2019年1-2月号の巻頭対談ゲストは、サッカー日本代表前監督の西野朗さん。ワールドカップロシア大会において、チームを立て直し、ベスト16に導いた西野流マネジメントとは。ビジネスに通じる組織運営の要諦を語り合います。
特集「人生100年時代」の経営戦略では、超高齢化が進む中での企業の取り組みに迫ります。健康計測機器をはじめ健康分野で幅広く活動を展開する健康総合企業タニタの谷田千里社長には、レストラン事業や他業種企業とのコラボレーションなどの事業戦略を語っていただきます。独自メソッドで劇的な効果をもたらすパーソナルトレーニングジム「RIZAP(ライザップ)」。グループを率いる瀬戸健社長には、企業や自治体の健康づくりに向けたプログラムなど、人々に自己実現をもたらす取り組みをうかがいます。本田技研工業のパワープロダクツ事業を統括する奥田克久事業本部長には、高齢化の進展を見据え、「人々の生活を技術で助け、役立ちたい」という創業者・本田宗一郎の思いを実践する事業戦略をご紹介いただきます。また、経験や人脈を活かしたシニア起業を支援する銀座セカンドライフ代表の片桐実央氏には、「働きがい」をもたらすシニア起業成功のポイントを、そして、シニアビジネス研究第一人者の村田裕之氏には、企業の成功事例とともに、シニア消費の動向を見通すビジネスの要諦を語っていただきます。
シリーズ「高井昌史の教育改革対談」では、京都学園理事長に就任した日本電産の永守重信会長が登場。これからのビジネス社会で活躍する人材の育成について語り合います。「1兆円企業への挑戦」では、ネオキャリア西澤亮一社長と元ソフトバンク社長室長の嶋聡氏が、売上高1兆円を実現するための事業構想を語り合います。武蔵野・小山昇社長の好評連載「実践ホワイト経営」も必読です。