衆知【2021年5・6月号】特集「新たな発想で変革に挑む」

在庫あり

衆知【2021年5・6月号】特集「新たな発想で変革に挑む」

  • 目次

    本書の目次などを、パンフレットのPDFデータでご覧いただけます。

Get Adobe Reader『目次』『見本ページ』をご覧になるにはAcrobatReaderが必要です。
予めご用意ください。

執筆/監修 [編]PHP研究所
税込価格 1,100円(本体価格 1,000円)
判 型 A4変型判
仕 様 並製
ページ数 96ページ

大人気の家族型ロボット「LOVOT(らぼっと)」、「応援購入」でヒット商品を生み出すマクアケなど、大きな変革をもたらす挑戦に迫る。大和ハウス工業の樋口武男氏、アマゾンのジャスパー・チャン氏の経営哲学も必読。

一流のリーダーに学び“人間力”を磨く

2021年5-6月号の巻頭は、パナソニック松下正幸特別顧問がこれまでに対談した、学術分野、文壇、スポーツ界などを代表する文化人の考え方を考察する特別企画。豊富な経験を持つ各分野の第一人者の言葉から、経営やビジネスとの共通点、そこに通じる松下幸之助の人生・経営哲学を読み解きます。
特集「新たな発想で変革に挑む」では、ウィズコロナの難局において、新たな発想で次世代のビジネスを拓く挑戦を取り上げます。従来の機能的なロボットとは違い、「人の感性に訴える」というコンセプトで開発され、大人気となっている家族型ロボット「LOVOT(らぼっと)」。その生みの親で日本発の次世代産業への成長を目指すGROOVE Xの林要社長に、常識を打ち破り、ゼロ(0)からイチ(1)を生み出す考え方について語っていただきます。そして、消費者がつくり手への応援の気持ちを込めて商品やサービスを購入する「応援購入」という新たな仕組み。そのプラットフォーマーとして急成長を遂げるマクアケの中山亮太郎社長に、世に出ていない商品アイデアを掘り起こし、消費者の「欲しい」に応えるヒット商品づくりについてうかがいます。ライブコマース、キャンピングオフィスなど、アフターコロナを見据えた様々な挑戦とともに、将来大きな変革につながる取り組みに迫る特集です。
特別企画では、大和ハウス工業の樋口武男最高顧問に、経営の師と仰ぐ石橋信夫創業者の金言をもとに、ビジネスの成功哲学を語っていただきます。また、アマゾンジャパンのジャスパー・チャン社長に、アマゾンの躍進を支える「Day1」という考え方と行動指針を明かしていただきます。さらに、「成長ドライバ理論」にもとづいて経営改善に取り組む「経営者のための〈良い会社〉塾」や、「リモート時代の理念と経営」の新シリーズも必読です。